FC2ブログ

出前報告:名取市高館公民館

おはようございます!水亭稔保です!そろそろためてるブログの個数を他人に言い辛くなってきたのでブログ更新です。と言いたいところでしたが多々良くんにバラされていました…ぴえん。新ネタもブログも鋭意準備中です。

ところで、みなさん、音楽とか、聴きますか?近頃はコンプラとかいうやつのせいなのか、テレビでは音楽番組が増えてきてる気がします。僕も音楽は聴きます。で、最近は定額制音楽配信、所謂「サブスク」が流行ってきていますね。月額500〜1000円程度払って、数千万曲もの音楽が聴けるとかいうアレです。全てではないけれど、人気のアーティストさんの曲がたくさん聴けて、最近だとついにサザンオールスターズ、嵐の曲も追加されたみたいですね。

でも、本当にサブスクだけでいいのか!?っていうのが今回の僕の訴えです。

僕は今Sound Scheduleっていうバンドにハマっていまして、去年結成20周年を記念したベストアルバムが出たんですね。僕も秋に(サブスクで聴けないので仕方なく)CDを買ったんですが、そのCDのPR動画みたいなのをたまたま見つけまして、その中でボーカルの大石さんが「今は色んなサブスクの時代なので手に取りやすい値段で…」なんてことを仰っていました。サブスクはめちゃくちゃ安いし、それで足りるから今の人たちはCDを買わない傾向にあるけれど、でもアーティストはCDを買って欲しいと思っているっていうことにここで改めて気付いたんですよ。僕らファンにに出来ることはCDを買うこと、言い方を変えればお金を支払うことですから、1枚でも多くCDを買って、バンドのメンバーの方々により良い暮らしをして欲しいなぁ、なんて思うわけですね。ちなみに大石さんは最近新車を買ったそうです。この新車も僕が買ったCDのお金からきているのかなあと思うとファンとしてはうれしいものですね。

という布教じみた話からの出前報告です。


■時
令和元年12月10日(火) 10:00〜11:30
■場所
名取市 高館公民館
■演者・演目

雪家紺魂「安兵衛狐」
水亭稔保「親子酒」
我捨臥舎ぽん「新聞記事」

20191210natori 1


紺魂さんです。マクラでご家族の話をされていたり、落語のほうも絵本の中みたいな穏やかな雰囲気だったりで、すごくほっこりしました。こんな優しさに包まれると、すさんだ心も洗われますね。

20191210natori2.png


僕です。落語に入る前にある程度ウケたので気が緩みまくりでセリフが飛びそうでした。なんとか絞り出しました。

20191210natori 3


おなじみぽんさんです。今日のマクラはイメージカラーのお話。しかし最後の最後でお客さんに先にオチを言われてしまってひっくり返っていました。おみごとでしたね。おそるべし、高館公民館。

と、こんな感じで長い尺でもお客さんがたくさん、最後まで聞いてくださって、我々も楽しい1日を過ごせました。ありがとうございました!

と、いうわけで今回はこの辺でお別れです。お相手は水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!
スポンサーサイト



出前報告:連坊寄席

お久しぶりです。鉄乃多々良です。

前回の番頭’sブログで、「彼の落単を誰よりも喜んでいる」と称されたそうです私です。
これはもうひどく心外ですね。私は誰よりも彼の落単を心配しているんです。
基本的に色々とぶっ飛んでいる彼に、せめて学業だけは地に足着いていてほしいと思えばこその叱咤なので、有難く受け取ってほしいですね。


自車校に通うための手続きが面倒くさくてしなかったばかりに、夏休みよりも暇な春休みが出来上がってしまいました。
そのおかげ(?)でこうしてゆっくり出前ブログが書けるんですがね。
ところで出前ブログ借金5件以上を抱えながら、また新たに出前かつ新ネタを1週間以内に覚えておろし、さらに奥羽越にも参加予定の人がいると風の噂で聞いたのですが、まぁそんなヤツおらんやろwwwww

…そろそろ色々と取り掛かるべきですよ、とどこかの誰かに100%の善意で助言しておきますね。


春休みの時間を有効活用すべく、長めの新ネタの台本を書いたんですが、A4用紙11枚という途方もない長さになり、色々な試験レポートを思い出してちょっと鬱になりかけました。
落語の台本は元々あるものをちょっといじりながらトレースするので仕方がないですが、レポートに関しては冗長なものは嫌われます。
思考の言語化というのは想像以上に難しいものです。その点ブログはいくら長くなろうと誰にも怒られず評定もつかないので気楽でいいですね。

それでは出前報告です。


【日時】
2月16日
【場所】
連坊中部町内会
【演者、演目】
水亭稔保:「親子酒」
鉄乃多々良:「目黒のさんま」
我捨臥舎ぽん:「鮑のし」


今回は連防中町内会様のご依頼で落語をして参りました。


202002241505153a9.jpg


トップバッターは水亭稔保!
連坊は彼の第2の実家のようなもの(直喩)
「親子酒」の1ネタだけで数々の出前をこなしてきた彼のこのネタの練度は凄まじい。20歳になって酒の味を覚えて更に酔っぱらいの演技にも磨きがかかったような気がします。


20200224150636a93.jpg


2番手は私、鉄乃多々良です。
このネタをかけるのは久しぶりだったので、所作だったり細かいところで以前のものに色々と足してみました。覚えたネタに完全形はないのでこれからも様々な工夫をしてみたいですね。


20200224150643e62.jpg


最後はぽん先輩で、「鮑のし」
このネタは初めて聞かせてもらいましたが、非常に面白かったです。やはりぽんさんの落語に出てくる少し抜けたような愛すべきおバカは見てて楽しいです。バカすぎてイライラしないギリギリのところにある面白さを感じます(素人に毛が生えた程度の身分で恐縮です)。
ちなみに私はぽんさんの「新聞記事」の噺がディ・モールト(最高に)お気に入りです。皆さんにも1度是非見て欲しい…!


何とか1年生を乗り切ることが出来たので、まだ時間に余裕がある(はずの)2年生のうちに、精力的に出前に行きたいなと思う今日この頃です。
拙い文章にお付き合い頂きありがとうございます。
それではまたフラっとどこかでお会いしましょう!

出前報告:宮城県農業高校自啓寮

こんにちは!安全亭番頭です!!

今回の出前に行かせていただいてから2週間経ってのブログ投稿。宮城県農業高校自啓寮関係者の皆様、そして私のブログを大変心待ちにしている両親、申し訳ございません。
なぜこんなにも遅れたかというと原因は1つです。


テストだ!!!


最近はは明くる日も明くる日も息をするかのようにテストを受けていました。さて、今学期は何単位落とすのか。私の落単を誰よりも喜ぶ鉄乃多々良くんはきっと狂喜乱舞することでしょう。
そもそも単位取得のボーダーが6割というのはあまりにも高くないでしょうか。高校時代を振り返ってみれば赤点のボーダーはだいたい3割でした。当時から赤点すれすれの私には6割の壁は高すぎて乗り越えるどころか掴むこともできません。
というダメ大学生の独り言でした。出前報告します。


<日時>
2020年1月15日(水)
<場所>
宮城県農業高校自啓寮
<演者・演目>
安全亭番頭「たらちね」
走励家メロス「長屋の花見」
我捨臥舎ぽん「鈴ヶ森」

2020012914480988a.jpg

司会の高校生から抱腹絶倒するとの宣言を受けて始まった今回の落語鑑賞会、その上がりまくったハードルを私はトップバッターとして乗り越えたというよりは踏み倒していきました。

202001291456127d5.jpg

メロスさんは鉄板の枕であるオープンキャンパスで出会った女子高生との話をして大爆笑。その後の本編でも終始笑いをとっていました。会場へのいじりは見習っていきたいですね。

20200129145643a37.jpg

トリはぽんさん。鈴ヶ森という話を初めて聞いたのですが非常に面白かったです。私も高校生と一緒に抱腹絶倒してしまいました。最後の質問コーナーでも高校時代はガシャポン部だったという衝撃告白で会場を盛り上げていました。

202001291514421d5.jpg

最後に載せたのは寮の方からいただいた夕食です。ゆかりごはんに、ちゃんぽんとボリューム満点の食事、ご馳走さまでした。とても美味しいかったです!ごはんの少し乾いた感じがたまらなく美味しく給食の懐かしさを肌で感じました。
食事も含めて寮の方々には非常に手厚くもてなしてもらいました。特に嬉しかったのはどこに行っても私たちの名前を知ってくれていることです!自分が有名人なのかと思ってしまいましたね。住みたい寮ランキングが存在するならば間違いなくここは1位でしょう!
そして高校生の前で落語をするのは私たちにとっても貴重な体験でフレッシュなパワーをたっぷり受けました。本当にありがとうございます!個人的にシュールな開会宣言と閉会宣言はツボでした。

高校生活、存分に楽しんでください!さよなら!!

出前報告:認知症カフェ

明けましておめでとうございます!符織亭陽亜乃です!
あー、ありがとうございますー!
今、「出前ブログ更新権」をいただきましたー。こんなんなんぼあってもいいですからねー。

M-1ですが、からし蓮根は残念でしたね。来年に期待しています!
ただ、ミルクボーイは納得の優勝でしたね。私も友達も絶賛ハマり中です。
私の友達は、M-1の翌日かさ増しコーンフレークを食べるためだけにパフェを食べたそうです。
私も、サイゼの「誰も見てない天使の絵」を見に行きました。宣伝効果抜群。

さて、年が明けたので去年のことを勝手に振り返ってみますが、出前に定期的に行くことができて、初めての後輩ができて、落研部員としては割と満足な一年でした。
来年はどのくらい活動に参加できるかわかりませんが、まだ一緒に出前に行ったことがない後輩とも出前に行きたいなと思っています。

さらに個人的なことでいうと、仲良くなりたいなーと思っていた人たちと話す機会が増えたり、遊びに行くことができたりもした一年でした。
今年もそんな人たちと仲良くさせてもらったり、逆に仲良くなりたいと思ってもらえるような人間になりたいです。

かなり漠然とした目標ですが、まあ楽しい一年になればいいなと思っています。
あとは、髪を伸ばしたいのに先日なぜか5cmも髪を切ってしまったので、「むやみに髪を切らない」も今年の目標にしたいと思います。ちなみに誰からも気づかれていません。

それでは、出前報告に移ります!

○日時
1月16日 10:30〜11:10
○場所
桜井薬局ビル
○演者・演目
符織亭陽亜乃 「権助魚」
葉楼ぷろ 「歳暮回し」

認知症カフェ ピアノ

一応医学生なので、認知症に絡めて色々話せたらかっこよかったのですが、もちろんそんなことはできないので「魚は体にいい」というおさかな天国から得た知識を話しました。
会場の方がとても温かくてたくさん笑って頂いたので、気持ちよく落語ができました。
2020年、幸先のいいスタートになりました。

認知症カフェ ぷろさん

ホワイトボードメインみたいな写真になってしまってすみません。
今回がネタおろしだったそうですが、伏線回収のオンパレードみたいな噺でとても面白かったです。こういう系統の噺大好きです。
ぷろさんの演じるキャラクターたちも良い味が出てました。
あと、BEYOOOOONDSのレコ大最優秀新人賞受賞、おめでとうございます。


落語会が終わったあと、なんと隣の会場で六華亭遊花さんが落語会をやっていたので観に行きました。
途中までしか観れませんでしたが、すごく面白くて格の違いを見せつけられました。
その後、私たちの落語会の担当者の方々とお昼ご飯を一緒に食べたのですが、色々とためになる話をたくさん聞かせていただきました。
みなさんの活動において私たちができることが何かあれば、また呼んでいただきたいと思います。
今回は本当にありがとうございました!

そういえば、冒頭でミルクボーイ構文を使いたいがあまり「出前ブログ更新権」をいただきましたが、冷静に考えたら全然なんぼあってもよくないですね。
今年もブログはためないようにします。

では、みなさん今年もよろしくお願いします!

出前報告:後楽集会所

こんばんは!水亭稔保です!!お久しぶりです!!!!!肌にしか刺さらないはずの外の寒さがなぜか僕の心にも深く突き刺さるので出前報告です。

もう今年もあと10時間切ってきて、いよいよ年越すぞって感じですけど、なんで僕はブログを3つもためているんですかね????どうして???そうです!ポケモンです!!!!!!ポケモンにハマってしまったんです…

ポケットモンスターソード・シールド、発売から1ヶ月以上経ってますけど、どのくらいの人がプレイしているんですかね?僕はバンギラスが出るシールドを購入しました。僕も普通にポケモンを楽しむはずが、ふとした思いつきから「水タイプ」を持つポケモンだけで戦うという謎の縛りを設けてしまったせいで、毎日厳しいポケモンバトルを繰り広げています。こういうポケモンたちのチームを水統一パーティーとか言うんですけど、こういうパーティーを組む人はほとんどいないので、相手も何をしたらいいのか分からず、プレイミスや、テンプレ通りの戦法を誘う事ができます



このパーティー、あるタイプのわざには絶対的に不利です。そうです。くさタイプです。水は炎に強い、炎は草に強い、草は水に強い、というポケモンを知っている人たちにとっては常識といえる法則があります。これには逆らえません。そういうわけで、くさタイプにボコボコにされています。もはや「くさ」というワードがトラウマになりつつあります。昨今は誰かと会話していて笑ってしまうような事があると「草」というワードがよく出ますが、僕は最近草を生やされることに恐怖を感じています。落研部員としては危機です。水タイプのギャラドスや炎タイプのリザードンから繰り出される「ダイソウゲン」が恐ろしくて仕方ないのです。君たちくさタイプのポケモンじゃないのになんでそのくさタイプの技持ってるの??????????その草刈ってくれない???????????って毎日思ってます。草が怖いのです。早く流行が変わって草じゃない物が生えてくるような世の中にして欲しいものです。僕は何を書いているんですかね。我にかえったので出前報告に移ります。

■時
令和元年11月17日(日) 11:00〜12:00
■場所
塩釜市 後楽集会所
■演者・演目

森亜亭京樹「牛ほめ」
鉄乃多々良「目黒のさんま」
水亭稔保「親子酒」

1117塩釜1

この日は上級生の京樹さんから高座に上がって頂きました。この牛ほめっていう話、初めて聞いたんですけどめちゃくちゃに面白いですね。僕もゲラゲラ笑っちゃいました。会場のお客さんがよく笑ってくれる方々だったのもあいまってすごくウケていました。

1117塩釜2


さて、出ましたね。多々良くんです。実はこの出前の前日は第170回古典落語発表会でして、多々良くんは1年生ながらトリをとったんですね。すっごーい!そんな彼の初出前でした。ウケてたのもそうですけど、やっぱりいい声ですね。その声くれ。

1117塩釜3


最後に出てきたのが僕です。昨日は多々良くんがトリだったので今日はお前じゃい、みたいな感じでした。出てくる時に昇降台でコケそうになったり、「畳がいい雰囲気」と言うつもりが、「良い畳」といってしまって、「もうすぐ張り替えです」なんて突っ込まれちゃいました。

そんなミスもありつつ、話を進めていくと…親子酒って、お話の中でおばあさんからお酒もらうんですけど、おばあさん!と呼ぶ台詞の所でお客さんのおばあさまとバッチリ目が合いまして、「はぁい」と素敵な返事が返ってきました。ここからそのおばあさまとのかけ合いがあり、また本来の親子酒に戻る、という流れになりました。要するにその間、アドリブです。正直肝を冷やしましたが、楽しんでいただけたようで何よりでした。そういう無茶振りも僕はお待ちしております。ちなみにそのおばあさまの顔は今でも覚えています。

そんなわけで、無事(?)に落語会を終えた後は昼食を一緒に頂きました。豚汁、うめかったなぁ〜なんで豚汁って味噌汁みたいなもんなのにあんな特別な感じがするんですかね。ほっこりしました。とにかくたくさん笑ってくれるお客さんで、我々も本当に楽しかったですね。依頼主さんとしては、もう少し多くの人が来るはずだった、という感じだったようなので、是非また呼んで頂ければな、と思います!

と、いうわけで僕にはこのブログの他にあと2つ分ブログがあるわけですが、まあ、一日に何個も出すのももったいないので今日はこれきりにしておきます。

そういうわけで2020年になったらまたお会いしましょう!お相手は水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!
そして、よいお年を!

出前報告:相続落語

自己紹介します。
ふぉれの(首振り) 名前は(首振り)
鉄乃多々良(首振り) だ… ―時を戻そう。


皆様どうも初めまして。ブログでは初登場となります。1年生の鉄乃多々良です。
以後、お見知り置きを。

これを書いているのは12月25日、クリスマスでございます(なお公開日は違う模様)。1コマだけ授業があったはずなのですが、サンタが全休というプレゼントをくれたので、特にやることもなくなり、ブログを書いています。
ただまぁ私は芸能人でもなんでもないのでブログなんてものを書くのは初めてなので、他の人達のブログをふぉてふぉんにしながら、ネタとして使いやすい先日のM1グランプリについてちょっと話してから本題に入ろうと思っています。

先日12月22日、我々の部室ではM1鑑賞会が行われました。M1は何度か見てきましたが、例年はどうしても波長が合わないコンビが1個そこらはあるものなんです。ですが今年は全組が面白いという稀有な年でしたね。
優勝はミルクボーイでしたが、私のお気に入りは「すゑひろがりず」と「ぺこぱ」です。
特に「ぺこぱ」はツボでした。私の最初のふざけた自己紹介は彼らの真似です。見た目は出オチ感からの、ボケを全肯定するという新しい形のツッコミスタイルに引き込まれました。
何が素晴らしいかってワードセンスが素晴らしい。例えば、タクシー運転手が2回目の休憩を取るくだり。普通だったら、「さっき休憩しただろ!」というのがオーソドックス。ですが彼らは、「さっき取った休憩は短かった!」とツッコむ。この『取った』が非常に効果的で、聞き手に「さっき取っただろ!」というテンプレートなツッコミを想起させたうえで、
裏切りの笑いを産む。この細かな日本語の妙にいたく感心しました。
え?落研のブログなのに笑えるところがないだって?
いや、落研にも笑いから離れる時があってもいい!
―そうだろう?


…次のブログでは努力しますね。 では出前報告!!



【日時】2019年12月11日(水)
【場所】フォーラス仙台 TAGE community
【演者、演目】藍亭助務図 「強情灸」
鉄乃多々良 「片棒」

今回は「相続」落語ということで、そういったことに関係のある噺をして欲しいというご依頼でした。


201912271407519e6.jpg


まずは助務図先輩で、「強情灸」から。
この噺自体は相続の噺では無いですが、そこは経験のなせる技、マクラでご自身の実家の話を上手く織り交ぜてらっしゃいました。
普段の部室から表情及び身振り手振りが豊かな先輩ですが、この噺においてはその力が120%機能します。腕の上の灸が見えるような所作が素晴らしい。実際にもぐさを腕で燃やしたことがあるかのようです。
(先輩ならやりかねないと一瞬でも思ってしまうのが怖いですが)
所作表情はガンガン見習っていきたいと思います。



201912271409272df.jpg


お次は私、鉄乃多々良で、「片棒」です。
この噺はもうゴリゴリの相続の噺ですので、マクラでは時期的なこともあってクリスマスに対する恨みつらみを吐かせていただきました。
練習機会もあまり取る事が出来ず、噺をやりきることすら心配でしたが、何とかなりました…
この噺が1度ギアが乗ると楽しんでトントン進めるもので助かりました。人様にお見せできるレベルのものは演じられたと思います。


古典落語発表会付近からようやっと、「演じる楽しさ」を未熟ながらに理解できるようになりました。
出だしはガチガチなんですが、もう中盤から楽しくてたまらんくなりますね。依存しそう。世の薬〇中毒者たちは落語やった方がいいんじゃないかと切に思います。
最近は実験レポートを書きながら落語を聞くという情報量過多のダブルタスクが日課になりつつある(理系の鏡)のですが、やりたい演目が色々あって迷います。まだ初めて1年もたっておらず初心者に毛も生えていないレベルですので、雑食で食い漁って自分の形を模索していきたいですね。


それでは皆さん、拙い文章をお読みいただきありがとうございました。
また会う日まで、アリーヴェデルチ!

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク