FC2ブログ

出前報告:ひろせ寄席

はじめまして!
1年の、苺紅楼そふと(Microsoft まいくろうそふと)と申します。
教育学部です!当たり前のように、落研では一人だけです!部活やサークルで学部的に孤立するのは教育学部あるあるらしい。そもそも人数が少ないのですね。しかたないです・・・

そしてちなみに、この高座名は先輩に付けていただいたものです。複数の候補を出していただいた中から、見た目のかわいさで選びました。
かわいいですよね。
萌え萌えですよね。
らぶずっきゅんですよね。
・・・苦笑いながらもうなずいてくれたあなたに幸あれ~!




3月から活動がほぼ止まっていたこの部も、遂に動き出し。
先日(R2.12.12)顔見世・古典落語発表会を終えまして。
C0(1年生)も漸く落語研究部員としての活動をはじめることができました!!!やった~~~~~がんばるぞ~~~~~いっぱい冗談言うぞ~~~~~~~~(昔の霜降り明星)

ウキウキのまま早速1発目の出前に行ってきました!!!!!


・日時 令和2(2020)年12月19日
・場所 ライオンズタワー仙台広瀬 内 ホール 「ひろせ寄席」
・演者、演目
 苺紅楼そふと 『つる』
 午後亭舞刀 『一目上がり』
 走励家メロス 『真田小僧』


新型コロナウイルス感染対策を万全に行っての席でありました。
ちなみに控室はバス・トイレ・囲炉裏付きでした!鰰でも釣ってから行けば良かったと後悔しました。有難いことでした。


20201219#1

あっ、わたくしですね。序盤から大声出しすぎて後半声裏返りまくりだったわたくしですね。息を吸わなきゃ声って出ないんですね。当たり前ですね。トホホ。



20201219#2

舞刀先輩です。『一目上がり』の序盤の展開が『つる』と似ていることから、途中でわざと『つる』の台詞を言い「それはさっきやった!」とツッコむ、という出番順を利用したアドリブを披露していました。かっこよすぎる。



20201219#3

メロス先輩。本編の表現力は勿論ですが、マクラでの話の構成とテンポにも力を見ました。すごかった。個人的に、初めて直接メロス先輩の落語を観ることができたのでうれしかったです。






マクラの最初には、高座名の読み方を紹介しました。
というのも、開催者側の方が、宣伝ポスターを事前に作成してくださり、そこに演者の高座名まで表記してくださっていたのですが、それが漢字表記のみだったのです。

20201219#4

つまり、「観客は皆さんの高座名を何と読むか知らないのです、一応、クイズのようにしているつもりだから、それ(読み方)についても言及してほしい」ということなのでした。

なあんてワクワクする展開だろう!

そしていざ高座に上がり何と読むかお客さんに尋ね、ヒントとして大企業であることを伝えてから正解を発表すると、その時点で笑ってくださって!
この高座名で笑ってもらえると思っていなかったので嬉しかったです。
初めての「お客さん」に、出番1分前にして瞬間最大緊張速度が観測されていた私ですが、そのあたたかさに触れた途端緊張はすっかり消え、出番を全うすることができました。お客さんの力って大きいんだなあと、肌で感じ、燃えました。

寄席の後には、ロビーにやってきていたサンタクロースからお菓子もいただきました!

お客様、会場のスタッフの皆様、市職員様、全員のやさしさ・あたたかさに満ちあふれた出前でした!
また出前行きたいな~。先輩の落語観られて勉強になるし、行きます、まずは、・・・帯を一人で結べるようになる、ネックはそこだけだ、うう・・・


よし!初回だし、短めに抑えてここらで終わりたいと思います。
今回の出前報告は以上です!
苺紅楼そふとでした。ありがとうございました~!










(丈夫な扉の向ふに、古い日は放心してゐる。
まさか吹奏楽ひとすじだった私が、落語をする日が来るなんて!)
2020/12/23 苺紅楼そふと
スポンサーサイト



出前報告:高砂老人福祉センター「認知症カフェ」にて

ども、水亭稔保(すいていねんぽう)です。いよいよ家から出たくないし出ない方が絶対に良いので出前報告です。
あの、ぼくのこの高座名って、野球からとってるんですよ。あんまり説明するのも野暮だし、年度末に自己紹介ってタイミングどうかしてると思いますけど、いや、あの…プロ野球が始まらないんですよ。かつてない危機です。数少ない落研野球ファンも悲嘆にくれています。

こういう世の中ですから、東北大落研にも出前のご依頼があまり来ていない状況にあります。3月の出前はそのほとんどが中止か延期となってしまったのが現状です。しかも今は部としての活動すらできない状態にあります。つらいですが、仕方のないことです。今は落ち着くまで待つしかありませんね。もう少ししたら、きっとまた落語もできると思います。そういうわけで、ぼくとしては今年度最後の出前報告です。


■時
令和2年2月15日(土) 14:15〜15:00
■場所
高砂老人福祉センター
■演者・演目
水亭稔保「親子酒」

監督!ねんぽーくんが1年生のくせにまた1人で出前落語に行っているでやんす!これはどういうことでやんすか?!

理由は簡単です。この日は別の場所でも出前があったからです。ここです。泉図書館で同期の舞刀さんの初出前で、しかも会場には演者が3人もいてキャッキャウフフしてるんだろうなぁと思いながらぼくは1人でこっちに来ました。べっ別にさみしくなんかないんだからね!!

(今回も写真はありません。ファンの方ごめんなさいね。)

この日は会場が既にあったまっていて、ぼくも自分のペースでなかなかの落語ができたかな、という感じでした。タイトルにもある通り、「認知症カフェ」ということで認知症をテーマとした講演の後にぼくの出番が来たのですが、落語の後はなぜか流れで質問コーナーになってしまい…彼女はいますかとかどうやって勉強したんですかとかなんで落語してるのとか色々なことを質問していただきました。河北新報の記者みたいな鋭い質問も多く、この方たちは認知症にはしばらく心配しなくても良いのでは…?と思うほどでした。それくらい会話がキレキレでした。

今回の依頼主さんは4年ほど前にも別の場所で出前依頼をしてくださったんだとか。ぼくは1年生だから当時の先輩のことは分からないけれど、その時好印象だったために今回呼んでいただけたようでした。こうやって後輩へのバトンを繋げられるようぼくもこれから1つ1つの出前を大切にしないと、と改めて感じました。また何かあれば、ご依頼よろしくお願いします。



やった!!!!書き終わったぞ!!!!!!勝ったんだ!!!!!!うおおおお!!!!!!!!

あ、そういえば4月に京樹さんから川内部長を引き継ぐのは実はぼくです。
残念でした!また来年!!若返り失敗!!!
不真面目な人間ですがそれなりに頑張るので来年度もよろしくお願いします。

と、いうわけで今回はこの辺でお別れです。
お相手は、水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!

出前報告:仙台市立西山小学校「よつば文庫」にて

ブログをご覧の皆様、毎度ありがとうございます。水亭稔保です。年度末だしさすがにそろそろブログを書かないとヤバいので出前報告です。

しかし、することが、ない。となると、書くことも、ない。いや、何もしていないわけないじゃないか。ぼくの今日を振り返ろう。

9:30 起床
11:20 起床(二度寝した)
12:40 ベッドから出る(ずっとスマホ見てた)
13:00 朝食かつ昼食
13:30 久しぶりに3DSで『星のカービィ ロボボプラネット』をやりたくなったが、充電器が見つからず家中探し回る
14:00 充電器が見つかったので「真かちぬきボスバトル」に挑戦。最終戦で敗北。
15:00 おやつ
15:30 だらだら
16:00「そろそろ着替えてブログでも書くか…」

嗚呼人生愉快也。これはひどいですね。でも、「星のカービィ ロボボプラネット」は名作なのでぜひプレイしてみて下さい。その前にDSにて発売された「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」に触れておくとより楽しめると思います。

結局カービィの宣伝をしたかっただけです。出前報告にうつります。

■時
令和2年2月8日(土) 10:00〜11:00
■場所
西山小学校
■演者・演目
水亭稔保「親子酒」
森亜亭京樹「粗忽の釘」
我捨臥舎ぽん「初天神」

20200208 futaba1

ねんぽーです。小学校での出前は初めてでした。小学生なら、間違いない、と、初っ端ガラス張りのトイレの話をしました。つまるところ、う〇この話です。汚いって言われました。軽率な気持ちでやってしまいました。反省しております。申し訳ありませんでした。落語はセリフに詰まることなく演じられたし、たぶんつまらなくはなかったと思います。

20200208 futaba2
京樹さんです。いつもの京樹さんは本当にしっっっかりとしているかお方なのに、落語ではここまで阿呆な役もできるんだなぁ…、と。お客さんとは違う目線で見てしまいました。今年度は川内部長に加え発表会や出前落語についても色々なお仕事をされていて…本当にお疲れ様でした。京樹さんが楽できるように我々の代が頑張ります。

20200208 futaba3

ぽんさんです。この日もバカウケでした。ぽんさんの新たな一面が見られた気がしました。ぽんさんとはたくさん出前に行きました。いつもぼくの落語に飽きずに笑ってくれました。次会える時にはちゃんとぼくも新ネタを用意します。新天地でもご活躍を期待しています。

落語が終わると家庭科室にて一緒に手作りのお昼ご飯を頂きました。家庭科室には法律に背いて学校に侵入でもしない限りもう入れないものだと思っていたので、なんだか懐かしい気持ちになりました。手作りってあったけえなぁ…ぼく個人としては向かいに座った小学生の男の子と野球の話ができたのでとっても嬉しかったです。こんなよくわかんない初対面のお兄さんともちゃんとお話ししてくれるなんて、本当にいい子ですね。ふだんの学校での教育のおかげというやつでしょうか。ぜひまた伺いたいです。


と、いうわけで今回はこの辺でお別れです。
お相手は、水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!

出前報告:石巻うめばたけ

どうも。水亭稔保です。またお前かって思ったそこのあなた、まだまだ水亭稔保です。(あと2つブログが残っているため)世の中が暗いニュースばかりの中でも、応援しているアーティストのCDやらBlu-rayやらがたくさん発売されて活気を取り戻したので出前報告です。

さて、僕も落研になんとなく入ってしまって1年が経とうとしております。色々な変化がありましたが、その中でもお笑いに少しずつ興味を持ち始めたことはかなり大きな変化でした。どれくらい興味を持ったかというと、M-1グランプリを予選から見たりするようになるくらいに興味を持ちました。そして、昨年8月1日に1回戦を1位で通過した謎のトリオ「怪奇!YesどんぐりRPG」のネタをたまたまYouTubeで見つけてしまうのです…

それが、僕とピン芸人「サツマカワRPG」との出会いでした。

サツマカワRPGさんの魅力は、並の人間ではまず予想すらできないトンデモネタをいくつも作っている点にあります。YouTubeチャンネルにアップロードされている「パン」や、Twitter等で常日頃から放つ一発ギャグなど、彼のネタには頭を後ろから殴られたかのような衝撃が練り込まれています。もちろん笑えます。

ただ、その独特な芸風はテレビではあまり見られないタイプなのがやや心配だという意見もあります。僕はこれからもサツマカワRPG追いかけていきますけどね。

出前報告しますね。

■時
令和2年1月14日(火) 10:00〜12:00
■場所
まちの寄り合い所・うめばたけ
■演者・演目
水亭稔保「親子酒」
藍亭助務図「強情灸」
我捨臥舎ぽん「ふだんの袴」

昨年もお邪魔しました、うめばたけさん。今年も電車に揺られ、落研が参上です。昨年とは違って、遅刻者はいませんでした。

今年も漫才コンビ「金華山」さんの漫才がありまして、今年は落語の途中に披露して頂きました。お客さんの心の掴み方、全部盗みたいくらい見習いたいですね。


はい。1人目はぼくです。画像ファイルがぼくのパソコンでは操作できなかったので画像なしで投稿しておきます。ファンの方(いらしたら)ごめんなさい。

前日の13日は成人の日、ぼくは1年生なのに成人式に行った事を報告しました。どうしてかは聞かないで頂きたいのですが。もう毎回親子酒でここに何を書けばいいのか分からなくなっております。

20200114 umebatake2
助務図さんです。実は出前では初めてご一緒しました。(部室ではよく会うんですが)「2年生は基本的に忙しいので、成人式は1年生のうちに済ませた方がいい。これだから大学入学初心者は…」と、熱弁でした。本編も激アツで、熱そうな話で、パワフルでした。

20200114 umebatake3
ぽんさんです。もとい、ぽんちゃんです。(金華山のお二人が山ちゃん、竹ちゃんと呼ばれていることから)ふだんの袴はぼくは初めて聞いたのですが…演じ分けが印象的で面白かったです。ふだんのぽんさんとのギャップもあってぼくは二度美味しかったです。

【注】ぽんさんは東北大学に現役で合格されています。

正直なところ石巻は遠くて(電車の運賃が予想以上に高くてびっくりしました…)着いた頃にはそこそこ疲れていたのですが、お客さんの活気あふれる会場でぼくも元気をもらって帰ることができました!ぜひ来年も、よろしくお願いします!

そういえば、この日の夜にぼくと助務図さんは他の部員と裸参りに行きました。寒かったです。

…と、いうわけで今回はこの辺でお別れです。
お相手は、水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!

出前報告:東六郷コミュニティセンター

はい、水亭稔保(すいていねんぽう)です。大学が休みに入ってもなんだかんだで毎日やることがあって、気がつけばもう3月も中旬ということに耐えられないので出前報告です。今回は早速報告にうつります。


■時
令和元年12月15日(日) 13:00〜13:20
■場所
東六郷コミュニティセンター
■演者・演目
水亭稔保「親子酒」






…あれ?あれれ?

…そうです、今回は1人です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ぼっち!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!うわあああん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ただ、ReRootsという仙台市の大学の学生さんがやっているボランティア団体からのご依頼ということで、行ってみたら同学年の子も当然いるわけで、それほど孤独感を噛み締めることはありませんでした。驚いたことに、中には11月の東北大の学祭にて川内寄席を見てくれた学生さんもいたりしまして…

学生さん「いやー、落研の人来てくれるなんて嬉しいなー」
ぼく「そうですかー?」
学生さん「僕落語好きで」
ぼく「へぇ!」
学生さん「学祭も観に行きましたよ」
ぼく「え!」
学生さん「すごかったですね…あの…月極駐車場!」
ぼく「!?!????!?!??????」

この月極駐車場というのが何かご説明します。これは僕が学祭の日に番組表を無視して演じた三題噺のことを言います。

三題噺とは、3つお題となる単語を頂いてそれをもとに落語をつくる、というものです。某OBにたまたまお題を押し付けられて頂いてしまったぼくは、学祭の1週間前にようやくオチを思いつき、部員の目につかぬようこそこそ練習をしていました。(何人かにはバレたし、前日には一部の部員に見てもらったりしたので完全ドッキリとはならなかったんですが。)ちなみに今回押し付けられた頂いたのは「きし」「月極駐車場」「期限切れのポイントカード」でした。

我ながらとんでもなく頭がおかしいものができたなあと思っておりましたが、まさか依頼して頂いた学生さんにも聞かれていたとは…めちゃくちゃ嬉しいはずなのに、あんなネタを見られたことへの恥ずかしさもありました。この月極駐車場のというのがどんな落語だったかというのが気になるそこのあなたは出前依頼をよろしくお願いします。

20191215higaroku.png


あ、僕です。こんにちは。いつも通り親子酒です。会場の雰囲気を掴めぬまま持ち時間の20分が過ぎてしまいましたね。正直実力不足を感じました。ただ、ぼくのファンの方(だと勝手に思っている)学祭も見てくれた学生さんは「夢みたい」との感想をくれました。ありがとう。ほんとに。そんなに落語好きなら入部して欲しい。マジで。

そういうわけで落語が終わりその後輪通しというのものもやらせてもらいました。話の上手いお兄さんに教えてもらったんですけど、けっこうちゃんと手を触って教えるものだから、女子高生相手とかだとやりにくいって言ってました。そりゃそうだ。ぼくは手先の器用さには全く自信がないのですがなんとかできました。やったね。

ReRootsのみなさんは初めて会ったとは思えないくらいぼくと親しくしてくれて、本当に雰囲気の良い出前先でした。ぜひ次もご依頼いただきたいと思っております。その時は他の部員も一緒に行きたいですね。

今から2週間前(3月9日)の部会にて、「ブログは出前の日から三か月経つまでに書くように言われてたじゃん?」と言われ、「じゃあまだセーフじゃん!」と言い返しました。今日は23日です。

アウトです。

すんませんでした。でも、ブログをためている水亭稔保もこれでようやく年を越します。あけましておめでとうございます。今年も東北大学学友会落語研究部をよろしくお願いします。

そういえば現在東北大落研のTwitterでは部員の他己紹介を行っております。ぼくのは最初に晒されました。たぶん次回のブログは他己紹介にも載っていたあの芸人について語ることになりそうですね…お楽しみに(?)

と、いうわけで今回はこの辺でお別れです。
お相手は、水亭稔保でした!
次回も、稔り豊かな出前になりますよーに!
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク