出前報告:蕎麦処登喜和にて

このブログを書いているのは?知らざあ言って聞かせやしょう。天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ!「灰汁(アク)の強いヤツ」と、俺を呼ぶ。天下の無責任ヒーロー、我捨臥舎ぽんたぁ俺がことだぁ!俺、参上!はい。1回名乗り口上とやらをやってみたかったんです。私みたいな小物がやってもいいよね!答えは聞いてない!はーい。最初だけクライマックスでーす。いやいや、出前報告がクライマックスであれ。風邪引けよお前。

運転免許を持っていません。なので仮面ライダーにはなれません(そういう問題かよ)。仕方ないので、ひたすら歩いて移動しています。あっちへてくてく、こっちへてくてく。Everyday、ホコーシャ(歩行者)ですね。常住坐臥歩いてます。それは矛盾してるか。徒歩です。古典的に言えば徒(かち)ですね。徒徒(カッチカチ)やぞ!徒徒(カッチカチ)やぞ!ゾックゾクするやろ!しねえよ。風邪引けよお前。

正直、免許を持ってないのは悔しいです。私もバイクや車でカッ飛ばしたい。緑の中を走り抜けてく真っ裸(まっぱ)な男。え?アキラ100%?何を言うてる。このモータリゼーションの時代。徒歩中心の人間からすると、トホホって感じです。国破れて山河在り。いやそっちの杜甫ちゃうやろがい!エリザベス!あ、すみません、ついカーっとなっちゃいました。車だけに。うるせえよ。風邪引けよお前。

閑話休題。閑話しかしてねえ。どーせおいらの書くブログは長えですよ。ふーん。
せーのっ \コンナナガイノダレガヨムネン/ 

さあ出前報告!こっちが本編!先々週の出前です!報告遅くなってごめんなさい(どさくさに紛れた謝罪)!

<日時> 平成29年5月13日(土)
<場所> 蕎麦処 登喜和
<演者・演目>
叶思家彗    千早振る
我捨臥舎ぽん  長短

いつも依頼をくださっている登喜和さんでの出前です。

同期2人で伺ったんですけどね。叶思家くんの人気が超絶鰻上りでございました。落語の出来の評価も良し。男としての評価も良し。私なんかほぼ黙殺されてました。これが実力の差というモノなのか…ぐぬぬぬぬ…悔しいです!

20170513_194934_3[122]


落語の後にはお蕎麦を頂きました。や、たまりませんな。格別です。私はどうも不器用な食い方しかできないもんで、それは恥ずかしかったです。もうちっと江戸っ子の様に粋な食い方してえってモンですが。可能な限り早く食べるのが江戸っ子って本当ですか。いやはや、ワシは江戸っ子にはなれませぬなあ。ションボリ。

そういえば当日は激しい雨と風が吹き荒れてました。夜来風雨の声。こっちは杜甫じゃなくて孟浩然?合ってるのかしら。信用しちゃダメですよ。濡れて帰ったらマジで風邪引きました。あーあ。ハチミツ次郎の大予言だ。なんだそれ。

さてさて、今回もありがとうございました!また機会がありましたらよろしくお願いします!

ネクストラクゴズヒーント! 「顔見世」♡
バーロー、それほぼ答え。
スポンサーサイト

出前報告 のびすく宮城野

こんばんは!葉楼ぷろです。
3月になりまーちた、ね!
別にこれを言うために遅らせたわけではないんですが報告遅くなっちゃってすみません(´・_・`)

今回は東北学院大学のゆう馬さんと合同で出前に行って来ました。
他大学の落研さんと交流できてよかったです。役職も違ったり出前の受け方も違ったり、いろんな話ができました。

日時:2月25日(土)
場所:原町児童館のびすく宮城野
演者・演目
葉楼ぷろ やかん
居栄亭ゆう馬 子ほめ
広瀬川花石 時そば


DSC_0579-1[55]

聞いてくれたのは幼稚園入る前くらいから小学生までのこどもたちがメインでした。
元気にあいさつしてくれてうれしかったです(^^) そしてかわいい高座を作っていただきました。

やかんはもっと頑張りましょう!って感じの出来になってしまったのですが、興味をもってこっちを見て聞いてくれてうれしかったです・゚・(つД`)・゚・

子ほめも時そばもめっちゃ面白かったです!横で見ててずっとうまいなーって思ってました。
私もそろそろ先輩になるので頑張らねば!
 
聞いてくれた子どもたち、大人の方、準備してくださった児童館の方々本当にありがとうございました!


出前報告:亘理教会にて

 ブログをご覧の皆さん。私は帰ってきた!地球上に存在する35億(あと5000万人)の男の内の一人、我捨臥舎ぽんでございます。女という性に生まれ損なってしまった私は、悲しいかな、自分から狩りに出なければならないのですよ。夢見るあみんじゃいられない。カバンの中もつくえの中も、あちこち探し回りましたが、運命の人は見つからずじまい。ああ、まだ見ぬ愛しき人よ。君の膵臓を食べたい。顔も性格も全く知らないけれど、食べてしまいたいくらい好きです。これがホントの胃中(意中)の人。レクター博士か。違います。

 我が生涯を振り返ってみると、恋愛に消極的であったと言わざるを得ませんな。草を食んでばかりの人生。すっかり腸が発達してしまいました。それなのに恋愛に関して消化不良を起こしてしまうってんですから、矛盾してますよね。腸内フローラは何をしておる。これでも一応、身だしなみには気をつかっているつもりなのですが。いざという時には満艦飾で外出いたします。巷では「装飾系男子」と呼ばれたり呼ばれなかったり。盛るぜぇ~腸盛るぜぇ~。いやいや腸を盛ってどうする。あー、みのりん語ってもう死語なんですかねえ。

 なんだかんだで、恋をしていない私。そろそろこの年になってくると、まだ恋してないなんて言えないよ絶対。マッキーというより末期ーって感じですね。大分こじらせてます。ハハッ。ボク、末期ーだよ。夢の国を訪れたリア充は、全員花火と一緒に打ち上げちゃうよ。ハハッ。 へっ!きたねえ花火だ 逃げようとしても無駄だよ。壁を作るのが大好きなドナルド(トランプの方)が友達だからね。一度足を踏み入れたが最後、袋の鼠も同然だよ。ネズミはお前の方だって?ハハッ。余計なこと言うと、その口塞いじゃうよ。マウスだけに。おあとがよろしいようで。ちっともよろしくないですね。

 夢の国とは言うけれど、悪夢もまた夢のうち。このブログを通して私が言いたいことはこれに尽きます。あー、嘘ですね。出前報告を忘れてました。

\コンナナガイノダレガヨムネン/
いや、名言ですねコレ、本当に。

<日時> 平成29年2月22日(水)
<場所> 亘理教会
<演者・演目>
菩華亭乙惚け   饅頭怖い
我捨臥舎ぽん   釜泥
宿栄家じゃんぷ  はてなの茶碗

 教会の中という、ちょっと特殊な環境下での落語披露と相成りました。なんでしょう、不思議な緊張感がありましたね。

亘理・乙惚けさん

 開口の乙惚けさん。全国津々浦々にファンがゴマンと存在するのだとか。ごめんなさいね、今回のブログ担当は乙惚けさんじゃあないのですよ。今頃「なんで我捨臥舎のヤローがブログなんぞ書いてるんだ」って大顰蹙買ってるんだろうなあ…。今回の出前で、乙惚けさんはますますファンを獲得していたようですよ。あー畜生。ずっちーなあ。

亘理・ぽん

 続いて私、ぽん。ネタおろしです。マクラ、冗長になってましたね。モテモテ男子大学生諸君に対する恨み辛みをぶつけてやろうという気持ちが前面に出すぎたかしら。とにかく、練習不足ですね。すみません。お見苦しいところをお見せしてしまいました。本編にも工夫の余地があると思っています。練習あるのみ、ですかね。

亘理・じゃんぷさん

 トリは我らがじゃんぷさん!時間配分もピッタリ、「聞かせる落語」全開!といった感じでした。いやあ、実に男前です。思わず惚れてしまいそうです。惜しむらくはVネックが生乾きだったこと…!じゃんぷさんのことは尊敬しておりますし、私の憧れの人なのですが、このVネックの乾き具合に関してだけは正直いただけませんねえ…。いや、すみません。無礼が過ぎました。

 落語の後は、お昼ご飯をご一緒させていただきました。その後も会話あり、歌あり、口笛ありと、非常に楽しい時間が続きました。こういった交流も出前落語ならではですよねえ。落語から始まるコミュニケーションというのもなかなかオツなモンです。

 さてさて、今回もありがとうございました!また機会がありましたらよろしくお願いいたします!

P.S. キャッチボール、流行ってるみたいです。落研野球部創設計画、着々と進行中?

亘理・キャッチボール

出前報告 : 高橋生活センター「第3回健康相談会」にて

連続投稿になってしまいました。1年の菩華亭乙惚け(ぼけていおとぼけ)です。
え?あんた誰やって?
またまた~とぼけないでくださいよぉ~嬉しいくせにぃ~
そんな私はおとぼけですけど!!!←言いたかった

はい、序盤から快調なスベリダシですね。
フィギュアスケートの三原舞依ちゃん四大陸選手権優勝おめでとう!
いやいや脱線しました。安全運転で行きます。
連続投稿といえどもまだ2回目ですし、
もうすこーしだけ自己PRさせていただいてもよろしいでしょうか?
私は千葉県出身なのですが、じゃんぷ師匠に師事し、
上方落語を学ばせていただいております。
大変珍しいことのようですが、先日帰省したときに再会した高校の同級生も
阪大で上方落語を始めたそうで、なんだかご縁を感じましたね~
「銀杏亭吉張」と言うそうです。大阪に行く際はぜひ見に行ってみては?
まぁでも関東出身の女が東北の地で関西の言葉を習うというのは
なかなかないことでしょうね笑
「歩く地方のるつぼ」と呼んでいただいてもかまいません。

そろそろ出前の報告といたしましょう。

<とき> 平成29年2月15日(水)
<ところ>高橋生活センター
<演者・演目>
太楼手羽先 一目上がり
菩華亭乙惚け 饅頭こわい
迷探亭コナソ 花筏

今回はイケメンコンビとご一緒してきました~
落研コミュ力御三家のお二人です。あと一人は当ててみてください笑
中野栄駅で担当の方が落研部員の写真を持って立っていてくださいました。
笑いましたね~ 「まさかあの写真は!」ってなりました。
会場には90人以上の紳士淑女!!皆さんそれはもうお元気で!!
落語をやる前からこんなに笑いが絶えないことがあるのかというくらいの賑わいでした。

20170215_手羽先.jpg

なかなか会場が静まらない中、手羽先さんが皆さんを上手に落語の世界へと導いていきました。
笑いどころでしっかり笑いを取っていく姿はさすがです。
それにしても90人超の笑いの迫力はすさまじかった…!

20170215_乙惚け.jpg

乙惚けは90人超を前にして完全にアガりましたねー笑
上方落語なのに緊張で早口になるという、もう救いようのない聞き取りづらさ…
それでもしっかり耳を傾けてくださる皆様に心打たれました。

実は着付けを手伝ってくださったマダムがいらっしゃったんです。
いつもより着物がきれいだったのですよ~
この場を借りて、ありがとうございました!

20170215_コナソ.jpg

初めて3年生とご一緒させていただいたのですが、見事でした。
落語の風景が目に見えるようでした。江戸にタイムスリップしたみたい。
コナソさんは芸術家ですね。最近乙惚けの扱いが雑だったので恨んでましたが、
これは頭が上がらない…悔しい…

落語の後は皆さんとお昼ご飯をご一緒しました。なめこ汁がおいしくておいしくて…
先輩お二人はおかわりもしていましたよ!私も時間さえあれば…!
ご飯の途中にたくさんの方から温かいお言葉をいただきました。
感謝をするのはこちらの方です…

町内会のブログにも今回の出前を書いていただきました~ 詳しくはコチラ

高橋第二地区の皆様、たくさんのご配慮ありがとうございました!またの機会を楽しみにしております。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

出前報告:泉図書館「子供のための楽しい落語会」にて

はじめまして!東北大学学友会落語研究部1年の菩華亭乙惚けです。
まだ部員紹介には名前がないんですよね…
顔見せ後に入部いたしました、いわゆるAKBにおける篠田麻里子ポジションです。
ごめんなさい 出直してきます。

<<<苦行>>>

さてさて、同期の中でもまだまだ知名度が低いので、何かアピールしたいですね。
ということで、私の高座名について少しお話させていただきます。
言うまでもなくわたし、ボケてます。
ボケツッコミのボケならよかったのですが、純粋に脳みそが劣化してる方でして。
ただオトボケですんで、コミュ障ながら頑張ってトボケてみたりするんです。
なぜって?笑いがほしいからです。
子供たちの笑い声が聞きたい…
日本中が笑顔になれば…
世界平和の先駆け…!
そう!愛と勇気だけが友達SA☆
あわよくば女の子にちやほやされたいからなんて思ってna

昨日行ってまいりました出前の報告です。

<とき> 平成29年2月11日(土)
<ところ>泉図書館
<演者・演目>
太楼手羽先 寿限無
菩華亭乙惚け 饅頭こわい
宿栄家じゃんぷ つる

私にとっては初めての出前だったのですが、
会場準備や運営にあたって職員の方々にたくさんのご協力を頂き、楽しく落語ができました!
来てくれた子供たちも行儀よく聞いてくれて、たくさん笑っていただいて、ありがたやありがたや…
先輩方のご配慮にも救われました。ありがたやありがたや…

20170211_ポスター.jpg

かわいいポスターまで作っていただきました!嬉しい!

20170211_手羽先.jpg

手羽先さんの寿限無はリズムがよくて笑いに引き込まれてしまいます。
子供たちも爆笑でした!

20170211_乙惚け.jpg

私楽しそうやな…
技量はまだまだですが、子供たちに笑っていただけたのが何より!

20170211_ジャンプ.jpg

じゃんぷさんのつるは何回聞いても笑える、最強の落語です!
「つーーーーっ」が頭から離れない… こんな落語がしてみたいものです。

最後に手ぬぐいとお扇子を使ってお客さんみんなと落語にトライしました。
みんな上手やったな~ ぜひ大きくなったら東北大学学友会落語研究部へ入部お願いしますね☆

すてきな機会をくださった泉図書館の皆様、お客様方、ありがとうございました!

長くなってしまいました。
じゃんぷさんにコンナナガイノダレガヨムネンと言われそう…
ここらで退散といたしましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

PS.子供たちから頂いたパワーで、出前後にキャッチボールしました、、、

20170211_オフ.jpg

もちろん今日は筋肉痛☆
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク