めせな寄席

ボッコです。
めせな寄席に言ってきたので報告をします。
柳家花ん謝・・・初天神。蜜がたれるぅ、というくだりがおもしろい。
柳家花緑・・・笠碁。主人公二人が「つんでれ」に見えるのは、僕だけでしょうか?
中入り
立川らく次・・・鮫講釈。初めて聞いた噺。良い収穫でした。
立川志らく・・・お富与三郎。長編人情噺。凄まじ過ぎる男と女の運命を描く。今日の師匠はいつもより口調がゆっくりでした。
終了後は手ぬぐいと本にそれぞれサインをしていただきました。
スポンサーサイト

扇橋、小三治二人会

ボッコです。遅ればせながら二人会の様子をレポしたいと思います。
番組
入船亭扇里・・・「だくだく」開口一番。声が大きくいいリズムでお客さんを引き込んでいました。
入船亭扇橋・・・「弥次郎」師匠の体調がややよくなかったようですが、独特のほんわかとした味のある落語を聞かせてくださいました。
中入り
柳貴亭小雪・・・太神楽。女性芸人の登場で華やかな雰囲気になりました。隣に座っていた男の子がまり投げの大役(?)をまかされて、緊張しながらもやり遂げていました。帰り際に、「今日はよく頑張ったね」と声をかけたら恥ずかしそうにうつむかれてしまいました。
柳家小三治・・・「転宅」枕は扇橋師匠が出演なさっていることをうけてか俳句について。
「にこごりが 出る居酒屋の ママの過去」
「にこごりの 身だけよけてる アメリカ人」
「金玉の ように見られる 椰子の実だ」
等等名句珍句を交えてから本編へ。情けない泥棒としっかりしたお妾さんの対比が生き生きとしていて、客席は沸き立っていました。
次回からはもっと早くアップしたいと思います。
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク