スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亘理町出前落語

ただ今リンチ実習中の3年木村家一同です。
あら漢字変換が...臨地です。毎日の膨大なレポート以外暴力的なことは何一つありません。

さて本日は私の育った町、そして現在も住んでいる町、わたしたちの亘理町にて出前落語を行いました。
亘理町は宮城県の南側、「宮城の湘南」とよばれるほどの穏やかな海があります。
そして東北大震災の被害にあい、仮設住宅で生活している方が多くいらっしゃいます。
今日は仮設住宅のひとつにお邪魔して、落語会を開かせていただきました。

11月27日 10時~
亘理町旧館仮設住宅集会場にて

升万楼ビスコ 金明竹
木村家一同  粗忽長屋
升万楼ビスコ お菊の皿
〈アンコール〉
木村家一同  初天神

始まる前から温かい雰囲気で迎えていただき、楽しく落語をすることができました。
私たちが集会場に着いた時にはもう高座ができあがっていて、参加者の方が順番に高座に上って扇子と手ぬぐいを持って記念撮影をしていらっしゃいました!!
「落語発表会」というめくりを持って行ったので雰囲気もバッチリ!
「初めてのぼった~!」とみなさん楽しそうでした

その後の落語も思いっきり笑っていただき、良い時間を過ごすことができました。
「ビスコさんと同期なんですか?」と何度か聞かれたのですが、私のほうが年は上ですが、同期です。
ビスコさん落語うまいですからね、最近は三年目の自信も出てきたようで、笑いどころは外さないという安定感がありました。
私はと言うと...てんぱってしまいまして
噺の枕で「亘理町出身です!」と言ったらなんだか緊張して早口になってしまいました(-_-;)
ありがたいことにアンコールをいただいたので、少しは挽回できたかな?
落研でいられるのもあと一年とちょっと。場数と度胸をつけていきたいと思います。
そしてリベンジ!!!

依頼してくださった八木山教会の皆様ありがとうございました!


スポンサーサイト

落研にインタビュー

お久しぶりです。弥太楼明日空です。
遅くなりましたが、11月13日水曜日インタビューについての報告をします。
東北大学広報課基金係の方からの依頼でインタビューとなりました。
落研が東北大学基金課外活動奨励賞の受賞した関係で今回の運びとなりました。
柳生中学校さんの職業体験を兼ねての取材だったそうです。
担当したのは、私、弥太楼明日空と三々亭天糸瓜先輩です。

インタビューされたのは主に落研の活動についてや奨励金の使い道です。
とは言っても、ほとんど天糸瓜先輩が対応してくださったので、人見知りの私にはとてもありがたかったです。
私と同様、緊張している様子の中学生に思わず自分も中学時代に職業体験で緊張したなぁとしみじみしました。

短いインタビュー時間でしたが、昔を思い出したり、落研の活動を改めて振り返るいい機会となりました。

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

学祭の目玉(?)川内寄席

お久しぶりです。1年生の相音舎対韻(あいんしゃたいん)です。名乗った時の、お客さんの曖昧な笑いがたまりません。
去る10月26日にキット君と笑福亭鶴瓶独演会に行ってきました。トリネタの「らくだ」は、とても迫力があり、感激しました。来年も仙台にいらっしゃるということなので、みんなで行きましょう!


それでは、だいぶ遅くなりましたが学祭で行われた川内寄席について報告します!

第65回東北大学祭 川内寄席
日時:11月1,2,3日 11:00~、13:00~、14:30~、16:00~(3日のみ16:00~は無し)
場所:A203

1日
11:00~
弥太楼明日空「桃太郎」
寝落亭朝霧「千早ふる」
左右舎一掃「天狗裁き」
13:00~
電気流家キット「豆屋」
凰亭火炙鶏「力士の春」
羅洲亭ねいる「三枚起請」
14:30~
期待の新人(高座名未定)「つる」
醸志亭亜久梨「一目上がり」
ふじら亭くず「権助魚」
16:00~
暇楽家十三「天王寺詣り」
升万楼ビスコ「猫の瞳」
羅洲亭ねいる「三年目」

2日
11:00~
鯔ん亭鮪がり「狸賽」
暇楽家十三「平林~蟹と行者」
左右舎一掃「夜の慣用句」
13:00~
相音舎対韻「新聞記事」
凰亭火炙鶏「初音の鼓」
暇楽家十三「寿限無半生記」
14:30~
繰々亭歯車「六尺棒」
歩四三亭七五六「親の顔」
升万楼ビスコ「皿屋敷」
16:00~
七志家伍兵衛「粗忽の使者」
眠ヰ家あくび「紙入れ」
木村家一同「笠碁」

3日
11:00~
相音舎対韻「初天神」
弥太楼明日空「やかん」
三々亭天糸瓜「目黒のさんま」
ふじら亭くず「午後の保健室」
13:00~
地天舎轟号「道具屋」
祇をん精舎天竺「ちりとてちん」
三々亭天糸瓜「そば清」
14:30~
百一楼さくら「親子酒」
木村家一同「粗忽長屋」
升万楼ビスコ「金明竹」
羅洲亭ねいる「三枚起請」

私は音響&高座返しとしてほとんどの高座を観させていただきました!(一部は後ろで聞いてました)
普段見ない先輩の落語も観ることができてとても参考になりました。
ビスコさんのほぼ創作落語やら、十三さんの合体落語や公開セクハラ落語(by一同さん)やら、楽しい噺もたくさんありました。
また、川内寄席で初講座を迎えた新人も二人いました。
個人的に最もアツかったのは初日の歯車くんのトラブルでしょうか……。
休憩時間中稽古をしているとお客さんの入りが良いようです。

先輩から伺っていた通り、温かい会場で楽しく落語をやることができました。1年に1度の大きなイベントでしたが、良い経験となりました。

はじめてのでまえらくご

 こんにちは、いちねんせいの電気流家キットです。
最近めっきり寒くなってきましたね、こたつ出したい!

遅ればせながら出前の報告をさせていただきます!

 
 日時:11月10日(日)
 場所:若林区南小泉二丁目好日庵
 依頼者:東文化町内会 様

 電気流家キット 「豆屋」
 凰亭火炙鶏   「初音の鼓」


 実はこの日が初めての出前落語だったのですが、お客さんにも笑っていただいたのでとても良い初出前となりました!これからもっと出前に出れたらいいなーと思いました。
 あとこのブログにもっと色々な記事書いていきたいとも密に思っています(◦ω◦)

くずお兄さん降臨

成績降下中の凰亭火炙鶏です。
先週の出前の報告をします。

日時:11月14日(木)
会場:八木山市民センター
依頼者:やぎやまシニア大学

醸志亭亜久梨「一目上がり」
升万楼ビスコ「皿屋敷」
お仲入り
凰亭火炙鶏「初音の鼓」
ふじら亭くず「権助魚」

平日の午前の出前ということで部員が集まらず、OBさんに声掛けをしてメンバーをなんとか確保した出前でした。
というわけで、我らがくずお兄さんが出前に来てくださいました。
くずお兄さんの「デゥクシッ、デゥクシッ」を久々に聞きました。
別に人が足りてなくても、また呼びたいと思ってしまいました。
文脈が訳わからなくなってきたので、そろそろ切り上げます。
今回は専門の必修の授業をサボって出前に行きましたが、メンバーに出前で英語の単位を落とした人、院試の間近に発表会に出た人がいたので、こうはなりたくないなと思いました。 



         

八幡杜の館寄席@青葉区民まつり

遅れてしまいましたが、11/3東北大学学園祭の三日目の日に勾当台公園において開催されていた青葉区民まつりでの八幡杜の館寄席についてご報告させていただきます。担当は落研一年・七志家でございます。

今回の寄席は八幡杜の館で桂友楽師匠(東北大OB)のもと落語に励む小学生と東北大学、東北学院大学の落研部員の共演ということで、お祭りの雰囲気とも相まって大変に楽しい雰囲気でありました。
子供達はたくさんのお客さんの前でも物怖じせずに日頃の練習の成果を発揮し、元気いっぱい落語をしました。
自分は客寄せのお手伝いとして参加したのですが、飛び入りということで落語を一席かけさせていただき、良い勉強になりました。先輩の落語、学院さんの落語も見れて、面白かったです。

人前でやるというのが一番の経験だと感じました。

桂かい枝師匠独演会の設営お手伝い!

またもや二年の暇楽家十三です!
今度は出前でも発表会でもない、ちょっと変わった活動を紹介いたします。

塩竈にあります「海商の家 亀井邸」にて行われました、桂かい枝師匠独演会の設営のお手伝いに伺いました。
厚かましくも、打ち上げにまでお供させていただいたにも関わらず、お二方とも、僕ら学生に至るまで大変良くしてくれました。本当に感激の一日でした。

2013年9月8日
亀井邸寄席 桂かい枝独演会
一、寄合酒 笑福亭笑助
一、初天神 桂かい枝
一、牛ほめ 笑福亭笑助
一、天狗裁き 桂かい枝

終演後には、塩竈の美味しいお豆腐や油揚げ、お酒が振舞われました。真近で落語が観られた上に舌鼓まで!めちゃくちゃお得な会でしたよ。
僕たちも、高座の作り方から貴重なお話まで、大変勉強になりました。

追記
東北学院大さんみたいに、僕たちも落語会等、生で落語を観たときはブログに更新しても記事が充実して良いかもしれませんね。「部員の生活」というカテゴリがありますし(*´艸`*)

マイスクール太白さん「落語を楽しむ」

もう名前を覚えていただけましたでしょうか!?二年の暇楽家十三(ヒマラヤトザン)です!

2013年11月1日
マイスクール太白さん「落語を楽しむ」にて。
升万楼ビスコ「金明竹」
暇楽家十三「一人酒盛」
中入り
升万楼ビスコ「猫の瞳」
三々亭天糸瓜「そば清」

東北大学祭で行われていた川内寄席と並行して行われた出張落語会となりました。
二年生・三年生と上級生のみでの構成だったためか、演者一同も一時間半という時間制約の中で、かなりの手応えを感じることが出来ました!また、終演後のお客さまのご意見からも満足していただけた模様。
楽しい落語会となりました。
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。