すだちの里にて落語!

出前に行ってきました、三年の暇楽家十三です!

2014年5月20日
デイサービスセンター すだちの里にて。
一、初天神 相音舎対韻
一、猫の災難 海亭ぺんぎん
一、死神 暇楽家十三


すだちの里様の10周年企画としてお邪魔しました。ありがとうございます。皆さま、楽しんでいただけたようで何よりです。今回は事前に演順を決め、時間を割り振っていました。三人とも一分も違わず持ち時間ぴったり。なかなかありません。

二年生は確実に上達していますよ。特に今回の二人は素晴らしい。自前の着物を持っているし、ネタ数もトップクラスに多い。もちろん、やる気も十分。今後、是非とも注目していただきたいです!

また、僕の「死神」はネタおろしでした。この前日に部会の練習会でネタおろしした「転宅」とは違って、我ながら上々の出来だったと思います。少なくとも、楽しく演じられました。まだまだ二年生に追い越されたくないですよ、ホント。
スポンサーサイト

出前落語@若林区仮説住宅

遅れましたすいません出前のご報告です。担当は、私、自分の高座名を一文字ずつ打つのがめんどくさくてめんどくさくて仕方ない、田中です。ごへいです。

とき:2015/5/14(水)
ところ:若林区仮説住宅
演者と演目:
「粗忽の使者」七志家伍兵衛
「猫の災難」海亭ぺんぎん

この日はぺんぎん兄さんがぺんぎん兄さんになってから、初高座!!
改名したいなぁ・・・
仮説住宅の皆さんはやはり、あたたたたたかったですね。
落語やった後はお菓子食べながらお話したり、歌を歌ったり・・・。

楽しい出前でした。

p.s.七志家の「家」が抜けてたよ、もう!

出前報告

こんにちは!
三年の歩四三亭七五六です!

一か月ほど過ぎてしまいましたが、出前の報告です
日時:4月13日(日)
場所:仙台正心館

小噺  歩四三亭七五六
「悋気の独楽」 暇楽家十三
「孝行糖」 凰亭火炙鶏
「金明竹」 升万楼ビスコ

大学生など僕たちと同じ世代の人たちの前で落語をかけさせていただきました。
去年の十二月にも出前に行ったところで、そのときは部員としては不本意?な結果に終わっていたので、今回は少し不安があったのですが…
無事、良い雰囲気の中で終わらせていただきました。
終わったあと、お客さんのなかには火炙鶏の「こーこーとう」が頭から離れないと言っている方もおりました。
音響で少し不手際があったものの、よい出前になったと思います。

蕎麦屋さんに出前

無事に3年生になれた凰亭火炙鶏です。
蕎麦処登喜和さんでの出前を報告します。

日時:5月10日(土)
場所:蕎麦処登喜和
依頼者:蕎麦処登喜和さん

「孝行糖」凰亭火炙鶏
「丑三つタクシ―」凰亭火炙鶏
「初音の鼓」凰亭火炙鶏

発表会の打ち上げなどでよくお邪魔する蕎麦屋さんからの依頼でした。
去年の10月にも二人で2回行きましたが、今回は一人で来てほしいとのことでした。
到着すると一時間くらいやってほしいと言われ、経験した出前の中で一人で一番長く落語をすることになりました。
お客さんが蕎麦を食べている前でやるのですが、箸を止めて噺を聞いてもらえてよかったです。
終わった後、料理をごちそうになりました。
サービスセット?だそうです。
おいしかったです、ありがとうございました。
来週の土曜日にも、新歓飲みで来ます!

続きを読む

ボランティアツアーに行ってきました その2

こんばんは。新入部員も加入していき先輩としての自覚が出てき始めたかもしれない海亭ぺんぎんです。

今回は、またもやボランティアツアーに参加して仮設住宅で落語をさせていただきました。

まずボランティアツアーでは現地の方々の震災当時の貴重なお話を聞かせていただくことに加えて
仮設住宅での足湯・手芸活動を行って心理的交流をしていくものです。
来る方はお年寄りの世代が多いということであったので前回に引き続きたまたま私が落語ができるということでやらせていただきました。

福島ボランティアツアー(4月26日~27日)
 4月27日 泉玉露仮設住宅  「寿限無」「狸賽」 海亭ぺんぎん

陸前高田ボランティアツアー(5月4日~6日)

 5月5日 高田高校仮設住宅 「猫の災難」「寿限無」 海亭ぺんぎん

 5月6日 大船渡中学校仮設住宅 「動物園」海亭ぺんぎん

仮設住宅での雰囲気は温かく気持ちよくさせていただきました。
当然のことですが仮設住宅だからといって特別な感じですることはしていません。
落語は「してあげる」のではなく「しに行く」ということだと思います。上から目線でおこなっても相手側は嬉しくないから・・・(もちろん他の出前でも同じです。)。
また機会があれば参加したいと思います。

PS
スタッフの方から聞いたのですが足湯・手芸活動には毎回決まった人しか来ないとのことでしたが、活動前に行う戸別訪問で落語の宣伝をした結果今までに来たことのない人が聞きに来たとのことでした。もしかしたらそれがきっかけで近隣の人との仲が良くなる可能性があるかもしれないと思いました。落語の新たな力を再発見できたツアーでした。
(よく考えたらGWのほとんどがこのツアー・・。基本的に暇なときに参加するようにしていますが・・・・。どんだけ暇だったんだwww)ではまた。
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク