スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五回奥羽越学生落語会

明日から社会人になります、暇楽家十三です。
今回で最後の投稿になります。





第五回奥羽越学生落語会
2016年3月20日 東北大学片平キャンパスさくらホールにて

「ランゴランゴ」曇飛舎阿樽(東北学院大4年)
「くしゃみ講釈」ゑちご亭出々(新潟大4年)
    中入り
「天狗裁き」ゑちご亭月輝(新潟大4年)
「親子酒」暇楽家十三(東北大4年)





河北新報さんが、17日夕刊の個人掲載に続き、18日の朝刊には奥羽越を紹介して下さいました。
多くのお客様に読んでいただいたようで、当日は評判でした。ありがとうございます。





今回は、奥羽越の創立メンバー4人でやることになりました。
好例のアンケートランキングも無しに。

というのも、ちょっとした願いがあってのことでした。



奥羽越学生落語会は…
①奥羽越地方の大学が自由に参加できる流動性の高い落語会であること。
  (今回は、創部間もない盛岡大落研さんが見学に来てくださいました!)
②各大学のトップクラスの実力者が集結した番組表をお届けすること。
  (オールスター感謝祭というか、そんな感じです。)
③必ず、これまでの落語会より、良いものをお見せすること。



もちろん、代を重ねるにつれ、変化は必要です。
ただし、この3点に関しては理念や定義のようなもので、絶対に守りたいものでした。


ありがたいことに毎回多くのお客様がお運びになってくださる奥羽越学生落語会。
毎回、開催費の募金額も驚くべき金額が集まっています。


会を重ねるにつれ、共通の認識が生まれてきたようです。
「奥羽越は各大学から2人づつ出演して順位を競う落語会でしょう?」
我々の裏方にも開催手順のフォーマットのようなものが生まれつつありました。


確かに、マニュアルがあれば楽に仕事ができます。
ただし、僕は落語にマニュアルは要らないと思うんです。

新入生に向けて『虎の巻』を作った年もありました。
例年通りの「顔見世・古典・追出し」落語会を開催したこともあります。
確かに、スムーズに仕事が進みました。


ただ、想像以上に面白いものは出てきませんでした。


私の落語も一言一句覚えるところからスタートしましたが、やはり同じです。
守破離があってこそ面白いものができるんだと、落研で学ぶことができました。


それを少しでも示せたらなと思い、このような形になりました。



卒業生があれこれ言うのも何だか嫌な感じですね。

最後に後輩に向けて。これで最後です。


僕が、色んな試みをしたこと。部が大きく変わったこと。
そこから、大きな成功を体験し、多くの失敗を重ねたこと。
多くの人に出会い、慕われたこと。逆に嫌われたこと。


君たちも間近で見てきたと思います。
感じることも多くあったでしょう。
これからは君たちが選びとっていく番です。

君たちが引退した時に「より良い部にしたよ」と胸を張って言えるような部にしてください。


またいつかお会いしましょう!
「十三さんがいたより、良い部になったよ」と言ってください。
それほど嬉しいことはありません。ちょっぴり悔しくもありますが。
合言葉は「仙都に笑いを」です。




僕は、全力で駆け抜けた、とても充実した4年間でした。
落研で、とても多くの人ことを感じ、学ぶことができました。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。
スポンサーサイト

第十三回 若手落語X会~カルトな三人会~

皆さん、お久しぶりです。
今は卒業して新居に移っています、今日まで大学4年生の暇楽家十三です。
落語会のご報告が遅れ、申し訳ありません。




第十三回 若手落語X会~カルトな三人会~
2016年3月19日 国分町・ファンタジー石さんにて。

「家見舞い」曇飛舎阿樽(東北学院大4年)
「甚兵衛の一生」暇楽家十三(東北大4年)
「肥辰一代記」遊々亭つばさ(ほでなす会)
    中入り
「アマゾン」曇飛舎阿樽
「ご隠居パチプロ伝説(序)」相音舎対韻(東北大3年)
「粗忽のおにぎり」遊々亭つばさ
「スキヤキ」暇楽家十三







前後の予定の関係で、開口一番の予定だった対韻が後に出ています。
また、めくりはつばささんが書いてくださいました。


僕以外は、自作した落語を引っ提げての参戦。
満員御礼(らしい)のなか、熱のこもった落語を披露してくれました。







学生としては最後のネタおろしでしたが、最後に最も憧れていた創作落語を口演できました。
4年間ひたすら集め続けてきた音源の中でも、「スキヤキ」を初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。
三枝(現・文枝)作品のなかでも大傑作だと思います。


S__79691779.jpeg
(やりたい放題の図)


公言通り、ディープな落語会になったと思います。






P.S.
河北新報さんの17日夕刊に紹介されました。
一面でカラー写真、実名で個人取材。テーマが大切にしている言葉、というので照れました。

「落語が芸術であるか」はさておき、読んでいて楽しかったです。
取材される本人ではありますが、記事を書くのは記者さんですから、腕の見せ所なんでしょう。
記事も取材なさった記者さんの個性が出ますので、毎回、紙面にどう掲載されるのか楽しみで仕方がありません。

恥ずかしいので、画像はアップロードしません。
紙面は大切に取っておこうと思います。


「お母さん、僕、一面になったよ!」

第159回 卒業生追い出し落語発表会 のご報告

先日東京へ遊びに行きましたらあまりの暖かさに「仙台って春ないんじゃね…」なんて思いました。
千葉県から来た僕にすると仙台はやっぱり寒い。
仙台出身の友達が僕よりうんと暖かそうな恰好をしながら 「今年の冬は暖かいほうダヨー」 
こんなにも説得力ないことってあるんですね。

ご無沙汰しておりました。太楼手羽先です。
発表会の報告の前に1つおしらせがございまして、このたび私太楼手羽先は落研の次期代表つまり部長になることが決定いたしました。
精一杯頑張りますので来年度も変わらず東北大落研をご贔屓賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


さて、発表会の報告に移ります。




第159回 卒業生追い出し落語発表会
リレー落語 『真景累ヶ淵』


2016年2月28日(日) 13:00開場 13:30開演
東北大学片平キャンパスさくらホール2階会議室

『宗悦殺し』   寝落亭朝霧

『深見新五郎』
『豊志賀の死』  暇楽家十三
『お久殺し』

『お累の婚礼』
『勘蔵の死』  歩四三亭七五六

~仲入り~

『お累の自害』  広瀬川花石

『湯灌場』
『聖天山』  相音舎対韻

『お熊の懺悔』  太楼手羽先





本来であれば下の写真とともに先輩たちのここがかっこよかった!なんて書きたいのですが、僕自身一年生なのにトリを務めるというので終始楽屋でソワソワしてたものですから先輩の落語をほとんど聴けなかったのです。
新部長おちゃめでかわいいね♡ ここは愛嬌というので勘弁してください。

『宗悦殺し』   寝落亭朝霧
無題

『深見新五郎』『豊志賀の死』『お久殺し』  暇楽家十三
無題w

『お累の婚礼』『勘蔵の死』  歩四三亭七五六
無題k

『お累の自害』  広瀬川花石
CcSJKmJUkAEA_Ty.jpg

『湯灌場』『聖天山』  相音舎対韻
CcSQ6PxUUAAS6rZ.jpg
噺のあたまで「トリはなんと一年生!!!」 噺の最後で「続きは次の演者に…」
一年生を高座の上でいじめてくる意地悪な先輩。
僕に期待とプレッシャーをガンガンかけていただきありがとうございました!!!!

『お熊の懺悔』  太楼手羽先CcSZamNVAAAXCov.jpg
出囃子が鳴り始めてから高座に上がり座布団に座るまでの数十秒が緊張の最高潮ですね。
しゃべり始めてからは楽になり楽しくできました。
怪談噺っぽく締めることができたでしょうか。




四年生のみなさま、四年間お疲れ様でした!これからの落研、僕たち下級生が頑張りますので安心してください!!
僕も部長として、部をもっと活発にできればなと思います。

今回の発表会はいつもとはうんと違ったリレー落語という形式でしたが、みなさな楽しんでいただけたでしょうか?
新しいことをやるにあたって課題問題はたくさん出でくるものです。しかしそんな中でも頑張れるのはお客様が楽しんで笑ってくれるおかげです。
四年生がいなくなっても我々東北大学落語研究部は 仙都の笑いを をモットーにこれからも精進していきます!!
CcSpIHMVIAAFmjU.jpg





直近の落語会のおしらせ
第十三回 仙台若手落語X会 ~カルトな三人会~
日時:3月19日(土) 開演15:00 開場14:30頃
会場:ファンタジー石(仙台市青葉区国分町二丁目12-16マークビル三階)
木戸銭:500円(ワンドリンク付き)

第五回奥羽越学生落語会
日時:3月20日(日) 開場13:00 開演13:30
会場:東北大学片平キャンパス内さくらホール
入場無料、予約不要です。

第十三回 仙台若手落語X会~カルトな三人会~のお知らせ

4年の暇楽家十三です。
宣伝ばかりですみません。サクッと済ませます。
落語会のお知らせです。



第十三回 仙台若手落語X会 ~カルトな三人会~
日時:3月19日(土) 開演15:00 開場14:30頃
会場:ファンタジー石(仙台市青葉区国分町二丁目12-16マークビル三階)
木戸銭:500円(ワンドリンク付き)
出演:遊々亭つばさ(ほでなす会)、曇飛舎阿樽(東北学院大4年)、暇楽家十三(東北大4年)


S__78413827.jpeg

仙台で最もディープでカルトな落語会です。
珍品や迷作のみが高座に並ぶ、というコンセプト
仙台では、他所で絶対に聴けない作品がずらりと並びます。
各2席の予定です。前座もX会の割に豪華です。



私もとっておきの迷作などを披露します!

是非ともお越しください。



翌日の第五回奥羽越学生落語会とあわせて、よろしくお願いします!

ちなみに、第十三回なのは偶然です。


P.S.
お金がかかって申し訳ありません…

新仙落語四人会~新潟では楽しい思い出がいっぱいできました!~

4年の暇楽家十三です。

先日、日経新聞を読んでいると文化欄に見たことのある顔が…
なんと、東北大落研OBの桂友楽さんがドーンと載っておりました。吃驚しました。

詳しくは、OBの金願亭乱志さんのブログを御覧ください。


全国紙でもなければ、これほど大きな記事ではありませんが、我々の追い出し落語会も新聞にて紹介されました!
記事の大きさに関わらず、地域の方に活動を知っていただけるほど嬉しいことはありません。



さて、追い出し落語会のご報告と前後しますが、新仙落語四人会のご報告です。
「追い出し」に関しましては、今しばらくお待ち下さい。

Cb_c3A0UkAACcbn.jpg

新仙落語四人会
日時:平成28年3月12日(土) 13時30分開演 
場所:新潟駅南口「ときめいと」


前説 出演者4人
「金明竹」ゑちご亭出々(新潟大学4年)
「死神」ゑちご亭月輝(新潟大学4年)
中入り
「大山詣り」曇飛舎阿樽(東北学院大学4年)
「夢の革財布」暇楽家十三(東北大学4年)




今回は奥羽越学生落語会の創立メンバーが新潟で最後のご挨拶、という落語会でした。
四人にとって、学生生活最後の新潟口演となりました。


演目は、事前に新潟・仙台でいただいたアンケートの人気上位4演目を四人で演じる、というコンセプト。
大ネタが続いてしまいましたが、月輝くんと阿樽くんがコンパクトにまとめてくれていたので、上手くまとまりました。
四人の色が大きく違い、裏で聞いていても楽しかったです。

IMG_5292_20160316223709550.jpg
(全体の集合写真はどれもブレブレ。ご愛嬌。)

○出々くんは、前日に覚えてないだと言いながら、何だかんだキッチリ仕上げてくるタイプ。
安定した笑いを取っていました。さすがは新潟大落研の看板。学生らしい王道のスタイルです。

○月輝くんは、死神がとてもニンに合っていました。
どの落語もさっぱりしているのに、要所では笑いを取りこぼさない。四年生になって一番伸びたのは彼だと思います。

○阿樽くんは、ひたすらお客さんに誠実な落語。
高座では笑いを取るために大暴れしており、汗がトレードマークです。
今回のネタは僕が見た中でも「饅頭こわい」と並び、彼の最高傑作でしょう。
あそこまで一生懸命になっているのを見ると、馬鹿馬鹿しくて、どんな人でも思わず笑ってしまいます。

○僕は、演者としては苦手意識の強かった「芝浜」を高座にかけました。
といっても、皆やりたがらなかったものを押し付けられただけなんですが…(笑)
今回は正式な演題に拘りがなく、「なにわの芝浜」でも「夢の革財布」でも構いません。
というのも、今回は「僕らしい芝浜」を作り上げられたと思います。

(ここからは長いので、読み飛ばしてくださっても構いません。)

十三版芝浜の最大の特徴は、サゲを差し替えたこと。傑出したサゲで有名な芝浜、お客さんもそれが聴きたさに来場しますし、演者もそれが演りたさに口演するため、筋ごと大幅に変更したものを除いて、芝浜のサゲは「また夢になるといけねェ」ばかり。僕には、上方言葉では、三木助師匠や談志師匠のような、あの江戸の雰囲気を出せないので、考えオチにしてみました。サゲ周りは割と衝撃的だったと思いますが、僕はあのサゲの方が僕らしくて好きです。噺の中に伏線をたくさん貼っておいたので、サゲの真意が解った方もいらっしゃるかもしれません。解ったよという方は是非ご連絡ください。

また、事前には人物の描写イメージを固めたのみで、噺は遊びを大きく持たせてあったので、自分でもどうなるか楽しみだったのですが、この日は瞬発力が冴えていたので、思った以上にやりたい放題できました。自分でもなかなか良い出来だったと思っています。間違いなく他の方にはない芝浜になりましたし、芝浜で上方の匂いを強く出せたことは、この上なく嬉しかったです。後半にあれだけ笑いの多い芝浜はほとんど無いと思います。もっともっと上手くなって、人情噺と落とし噺の間を自在に行き来できるようになれば、また十三版の芝浜をやりたいなと思いました。

IMG_5290.jpg
(ブレていないのはロクなものが無いと思いきや…)

IMG_5299.jpg
(お客様撮影のものが、1枚だけありました!)

裏方で頑張ってくれた子たちにも感謝しています。
最近の作品や落語会は、ワザと賛否が分かれるように作ることが多いのですが、新潟でも体感していただけたなら嬉しく思います。今回は良い機会をありがとうございました。
また、芝浜を演るのは少し恥ずかしかったですが、現在の僕が気に入っている落語のテイストで、今の僕の到達点をお見せすることができ、最高に楽しかったです!

観光名所や美味しいものも多く、新潟は大好きな土地です。
何より部員やお客さまとの思い出も多くできました。
ご縁がありましたら、またお会いしましょう!

P.S.
学院大の阿樽くんと冗ん寿くん、東北大の僕と対韻。
4人で新潟を往復する途中には、蔵王の山並みやキツネ村。
遠刈田温泉や山形のせいろ蕎麦。村上の瀬波温泉に鮭尽くし料理と堪能しました!

飲み会の新潟の地魚と地酒も最高でした。
宿泊先のゑちご亭や屋くん宅はもちろん、移動の車内や温泉での会話も弾み、良い卒業旅行になりました。
また今度は、普通に東北を旅行したいです。


あと、新潟のお客さまに見台を披露したのは、初めてだったかもしれません。

新仙落語四人会~見たい演目を教えて下さい!~

またまた4年の暇楽家十三です。
落語会のお知らせとお願いです。




新仙落語四人会
日時:平成28年3月12日(土) 13時30分開演 
場所:新潟駅南口「ときめいと」
主宰:東北大学・東北学院大学・新潟大学(各落研内部員)

Cb_c3A0UkAACcbn.jpg




この会はズバリ…
奥羽越創立メンバーでの落語会 in 新潟。



この会では、お客様に見たい演目を3つ挙げていただいております。
集計後に上位4席の人気演目が、4人によって演じられるというコンセプト。


コメント欄に「見たい演目」を3つお書きください!

新潟まで見に来られないお客様にもお書きいただけると大変嬉しく存じます。

新春初笑い~学生生活最後の出前~

またもや、4年の暇楽家十三です。
出前のご報告です。



新春初笑い
2016年1月9日 @エバーグリーンシティ寺岡にて

「読書の時間」相韻舎対韻
「真景累ヶ淵より~豊志賀の死・お久殺し~」暇楽家十三



最近は本寸法の演り方に面白さを感じています。
といっても、脱線が多かったりしてグズグズですが…。

終演後には、会場より大きな花束を頂きました。
また、熱心な落語ファンのお客様にはコーヒーをご馳走になり、歓談させていただきました。
なんでも、OBの友楽さんの古くからのご友人だとか。
ご縁がありましたら、またお会いしたいなと思える素敵な方でした。



私の学生落語家としての出張落語(出前落語)は、これでお終いです。
年間に約50~70席も高座に上がり続けられたのも、一重にお呼び下さった皆さまのおかげです。
私の高座のほとんどが出張落語でした。ありがとうございました。

落語はどこかで続けたいなと考えています。
また暇楽家十三が見たい!とお思いの方は、現役生を通じてご連絡をください。
ご縁がありましたら、またどこかでお会いしましょう。



また、東北大落研の歴史はまだまだ続きます。
後輩たち現役部員への変わらぬご贔屓をお願い申し上げます。


P.S.
エバーグリーンシティ寺岡さまの公式HPにも掲載していただいております。
以下は抜粋になります。( http://www.evergreen-city.jp/ )
「いつものコンサートとは違い、一度聞いてみたい、といったご希望を持たれている方も多く、当日は多くの方にご参加頂きました。
お正月早々楽しいお話に思わず声を出して笑う姿も見られました。」とのこと。
ありがとうございます。

img740_DSC01502.jpg
img741_DSC01516.jpg

新春初笑いスターダスト寄席

更新を忘れていました、本当に申し訳ありません。
最近ようやく、卒業しても落語を続けたいなと思うようになりました、4年の暇楽家十三です。

今回は、出前について書きます。

新春スターダスト寄席
2016年1月6日 LIVE DOME STARDUSTさんにて

「熱援家族」
「寄合酒」
中入り
「真景累ヶ淵より~宗悦殺し~」

暇楽家十三が三席。


落語会にも向いた、とても素敵な会場でした。
特に、普段はジャズなどのライフステージとなっているため、照明には目を見張るものがありました。
本寸法の落語にぴったりだと思います。

第五回奥羽越学生落語会のお知らせ


第五回奥羽越学生落語会のお知らせです。



東北地方最大の学生落語会
奥羽越学生落語会が仙台に帰ってきました!
各大学屈指の実力者たちによる夢の共演。
皆様お誘いあわせの上、是非ともお越しください!



とき 平成28年3月20日(日)
開場 13:00~
開演 13:30~
ところ 東北大学片平キャンパス内さくらホール

入場無料、予約不要です。
当日に落語会存続のための募金を任意でお願いしています。


1456715733077j.jpg


恒例となってまいりました、三大学の合同寄席。
今回は「奥羽越学生落語会」を立ち上げた創設者たちが演者を務めます。
何をやるかは当日になってからのお楽しみ……!?
皆さまお誘いあわせの上お気軽にお越しください!

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。