FC2ブログ

出前報告:蕎麦処 登喜和 蕎麦会にて

乙「誰も望んでいない幻の企画がたった今復活!!お久しぶりです。菩華亭乙惚けです。そして、」

ぽ「その右腕的存在の人です。」

乙「いつから僕になっとったん」

ぽ「この世に生を受けてからずっとよ」

乙「あほか そんなに私怖くないですよー(*´∀`*) とりあえず自己紹介せんかい」

ぽ「では 2006年FIFAワールドカップ日本代表監督、です」

乙「??? 今度は何を企んでるの」

ぽ「しまった 自己紹介じゃなくて、ジーコ紹介をしてしまった(天然)」

乙「…嫌い」

ぽ「すみませんこんなこと書くってことはそれすなわち我捨臥舎ぽんです 軽く事故ったのはご愛敬」

乙「… 年末なんで安全運転でお願いします。

今年も終わりますなぁ。ぽんさんの今年一年はどうでしたか?」

ぽ「ボーッと生きていたらまもなく新年という衝撃に尽きますな チコちゃんに𠮟られるー」

乙「それ知ってる読者が何人いるんだろうか… でも確かに5歳児だった時の方が毎日真面目に生きてたかもなぁ 食べたり遊んだり食べたり寝たり」

ぽ「知らなければ「チコ紹介」するまでよ いやしかし乙惚けさん5歳時から大真面目に生きすぎと違いますか笑 でも今年もかなり真面目にがんばってたように思いますけどね?どうですか」

乙「やめんかっ。5歳くらいならみんな一生懸命じゃない?譲ったり妥協したりせんし。今それやったらリコ的って言われそう。 まぁ私は今年も忙しなかったかな。気がついたら年末やった」

ぽ「今年一年がんばった証拠だねーそれは 私も5歳のときは自分が世界の中心だと思いながら生きてましたよ そんなんからでも一応それなりにまともに育ったってのは、親に感謝せにゃいかんと感じてます
やっぱり子どものことは保護者がちゃんと「世話しない」とね」

乙「…あなた自分のことまともに育ったとお思いで? 面倒見られすぎると面倒くさい子に成長するんだなぁ( *¬ω¬)」

ぽ「ひどい泣 いや分かってますよ… わたしゃまともどころか、変だし面倒くさいしある種のビョーキですよ 」

乙「認知症患者もびっくりの「ボケ」です。治療必要」

ぽ「乙惚け先生、治してください」

乙「切り刻んでやんよ」

ぽ「怖い やべー医者だった 医者は医者でもかが「いしゃ」(加害者)だわな」

乙「お互い仲良く入所だね☆」

ぽ「どうしてこうなった」

乙「平成最後の大晦日だから」

ぽ「なるほどそういうことか
で、大晦日といえば。」

乙「溜め続けた出前報告のお時間です♡」

<とき> 平成30年11月17日(土)
<ところ>登喜和
<演者・演目>
一、我捨臥舎ぽん 鈴ヶ森
一、菩華亭乙惚け 煮売屋

乙「いつもお世話になっている登喜和さんの蕎麦会に行ってまいりました〜」

ぽ「なにがすごいって、乙惚けさんはこの日、古典落語発表会での高座もこなしてるんですよね 相当大変だったんじゃないですか…?」

乙「最近落語そんなにたくさんできてなかったから、頭はパンクしてたかな汗 登喜和さんに行く前も念仏みたいに唱えてたけど、逃げないでいてくれてありがとう笑」

ぽ「いやいや 逃げるもんかよ
切羽詰まってる感じは大いに伝わってきたけど

でもって、登喜和さんでは1演者2回落語を披露しましたねー」

乙「そうでしたね〜 ぽんさんは鈴ヶ森でしたよね。めちゃウケてたのがこっちまで聞こえてきました^ ^」

ぽ「顔芸が通用しづらい環境下にしてはがんばった方かと。

正直マクラで間をはずしてから以降の記憶がないですが
乙惚けさんは道すがらパンクしそうな状態だったけど大丈夫だった?」

乙「それにしちゃウケてましたぜおにーさん。ベテランは違うぜ。

お陰様でネタは飛ばさなかった笑 でも声張るのが必死であんまりちゃんと演じられなかったのが反省ですかね。。」

ぽ「乙惚けさんの全力落語観たかったなあ 蕎麦会だと部員の落語がちゃんと観られないのがちょっと残念…」

乙「そうなのよね。だから写真も無くて… 代わりにと言えば役不足ですが、イメージ図でご勘弁を」

S__240558085.jpg


ぽ「…これ可愛いな アタクシのホンモノのしげはもっと薄気味悪いぞ」

乙「それは…ノーコメントで笑 でも落語の後の蕎麦がまた美味しかったんよね!!」

ぽ「うまかったですねー アレは間違いないですね
相変わらず落研のくせにそばすする所作できない人間で決まりが悪いのですが」

乙「何を言うとるん。「落語かっ」って思わず突っ込んでもうたやん
でもジョブズくんの生蕎麦啜り見てみたいなぁ」

S__240599042.jpg


乙「こちらがその蕎麦」

ぽ「どうもごちそうさまでした」

乙「天ぷら蕎麦なんて学生風情じゃ滅多に頂けないですからねぇ。本当にありがとうございました!」

ぽ「ありがとうございました!

報告はだいたいこんな感じですかね。なにか言い忘れてることありますかね?」

乙「んー… 帰り際こんなのありましたよね」

S__240615429.jpg


乙「これは笑いましたね〜」

ぽ「ちりとてちんやった日にこれですからね~」

乙「ね笑
これくらいですかね。

相変わらずのブログ長すぎメンなんで、そろそろ締めますかね。ぽんさん、来年の抱負は?」

ぽ「もうブログ溜めません。」

乙「それかーい笑」

ぽ「あと、もう少し簡潔なブログを心がけたいと思います」

乙「それブーメランすぎるわ。この企画こそが簡潔の真逆ですしね笑」

ぽ「いやまあ、「心がける」だけで、簡潔なブログを書くとは言ってませんからね」

乙「言い逃げだぁ
じゃあそろそろ締めましょっか。これにて完結!皆さまよいお年をお迎えくださいませませ〜」

ぽ「今年1年ありがとうございましたー よいお年をー」
スポンサーサイト



出前報告:福沢市民センターにて

ヤムスクロ。懲りない男、我捨臥舎ぽんです。またまた年末ギリギリまでブログの更新を怠ってしまった。歴史は繰り返す。

メロスよ、上には上がある。この場合は「下には下がある」っつった方が的確か。

後輩から「はよブログ書け」てな催促もあったんですけどね。結果的に今の今まで無視する形になってしまった。我ながら最悪な先輩だな… 書かなきゃ意味ないよ。

そのうち周りから愛想尽かされて、部室とか出入り禁止になるかもしれない。出禁(デキン)ちゃんになっちゃう。落研からバイバイキンだ。そんな人をバイきんぐみたいに。ちがう。「ばいきん」だろ。なんて日だ。

「さわやかに お別れしよう 『ばいばい菌』」なんてことを言いますが。『はたらく細胞』、ですな。はたらくサイボウ。はたらくサイボウグ。サイボーグ。ダース・ベーダー…

ミキのスターウォーズのネタは面白かったですね(ひさびさ)

あれですね、もう2017年のM-1血漿から1年経ってしまったんですね。「血漿」じゃないか。「決勝」か。
あのねあのね、トラブルで今田耕司が遅れてるの。それは血小板ちゃん。というかそもそもそんなセリフはない。

霜降り明星、優勝おめでとう。粗品のワンワードツッコミは私も大好きです。
「カバ強め!」「半ドア!」「ワンバン!」「昔!」って、霜降りのアンパンマンネタでのツッコミを抜粋してみましたけど。

どうでもいいんですが、幼いころ私は「アパマンショップ」のことを「アンパンマンショップ」だと思ってました。あ、深い意味はないです。ホントに。

もひとつマジでどうでもいいんですが、「チーズドッグ」ってまさに名犬チーズのことだと思いませんか。ん?チーズドッ「ク」か?まーいいやなんでも。食べたことないし。食べようとも思わないし。

あ、やっぱりウソです。ちょっと食べてみたい。なんだそのウソ。
U-U-U.S.O. U-U-U.S.O.ってね。DA PUMPみたいに言うな。

名月を とってくれろと 泣く子かな。それISSAじゃなくて(小林)一茶やないかい。ZOZOTOWNの社長なら月とるどころか月まで連れてってくれそう。

どうでもいいパート3なんですが、「アームストロング」って名前の「剛力」感ハンパなくないすか。どっちも強そう。人間にとっては小さなISSAだが人類にとっては偉大なISSAだ。なんですか「小さなISSA」って。

ちなみに「ISSA」の最初と最後に「N」を付けるとカルロスがゴーンな雰囲気になりまする。

なんか脈絡のない文章になってしまった。ムンク館山じゃないんだから。ボーッと書いてんじゃねえよ!っつってね。

でもってまたけっこう冗長なブログになってきた。ブログを止めるな!いや、止めてください。

本当に我捨臥舎ぽんのブログは長すぎて読めなぁい(ハズキルーペCM風)!!

渡辺謙もご立腹。今、「ハズキルーペ」って打ち込もうとしたら「刃好きルーペ」って変換されたよ。なんですかその物騒なルーペ。渡辺「剣」。あ、いや、言ってみただけです。

いかん、滅茶苦茶になってる。ガキ使観ながら書いてるからだろうな(←オイ)。いったん引き締めよう。中締め。中締めみゆき。つーばーめーよー。ダメー。突然のサニブラウン。じゃなくてトム・ブラウン。

トム・ブラウンのネタこそ「あたおか」って印象を受けますが。鶴太郎のことか。それは「片岡」ね。ヨガのやりすぎには注意しましょう。

っていうか「ムンク館山」って誰!?
見取り図も真っ青

もうダメだ。いい加減出前報告に入ろう。

<日時>平成30年11月23日(金・祝)
<会場>福沢市民センター
<演者・演目>
我捨臥舎ぽん  牛ほめ
我捨臥舎ぽん  初天神

地区の子ども会で落語を披露してきました。ソロで落語をしに行ったのは今年1月の出前以来でしたね。んー、でもやっぱり複数人で行きたいモンです。その方がスベったときに慰めてもらえるし(←オイ)

初心に返る感じでネタは「牛ほめ」と「初天神」。わー久しぶりにかけるネタだーって1人で盛り上がっていたらあんまりウケませんでした… 子どもたちは意外とシビア…

それでも子どもたちは文句も言わず、きちんと落語に耳をかたむけてくれました。ごめんよみんな。おにーさんもっと面白くなっていつか帰ってくるよ。そのころにはみんな成人してるかもしんないな。

落語の後にはジュニアリーダーの子たちがレクリエーション大会で会場を盛り上げてました。子どもたち大ウケ。私もすっかりジュニアリーダーさんのファンになってしまった。弟子にしてほしい。割とマジメに。

ちなみに今回依頼してくださった方は、今年の3月にも呼んでくださっているんですよね。いつもありがとうございます。その時に知り合ったお子さん2人に会うこともできて、なかなかハッピーな出前となりました。

前述の通りソロ出前だったので、高座写真はないです。残念…

大学からの送迎、会場の設営、音響など、当日は様々なところでお世話になりました。大変助かりました、本当にありがとうございます。

ということで、ご依頼くださいましてありがとうございました!また機会がございましたら是非よろしくお願いいたします!

今年は溜めてたのはこれだけです。3つも4つも溜めてません。去年が異常だった。

さあもうすぐ、月が替わって年越しよ!セーラームーンみたいに言ってみました。へへ。だからなんだ。

改めまして本年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

いやしかし、ホントに早いモンで、今年も終わる…ことしもおわる…

コートジボワール!!!そーれっ!!!



あ、メロス、策伝の件おめでとう。

出前報告:東北相続診断士会

実はもう1個ブログ、ありました。
どうも、来年はもっと余裕ある一年にしようと心に決めたメロスでした、、


出前報告、させていただきます!

<日時>
2018年12月11日(火)
<場所>
仙台市青葉区中央市民センター
<演者・演目>
葉楼ぷろ「親の顔」
雪家紺魂 「平林」
走励家メロス 「無題(相続落語)」

相続 ぷろさん
相続 紺魂
相続 メロス

こちらが写真です!今回はぷろさんと、紺魂と行かせていただきました。

実は今回の東北相続診断士会さんへの出前に向け、私メロスは”相続”をテーマにした創作落語を作らせていただきまして、話させていただきました!
大変でしたが、皆さんに非常に喜んでいただき、私も嬉しい限りでした・・・。

落語の後には、東北相続診断士会さんの忘年会にも参加させていただき、ご馳走になりました!

本当に、東北相続診断士会の皆さん、ありがとうございました!





今年も一年間、我々東北大学落研は、様々な方々にお呼び頂き、様々な所へ出前落語、行かせていただきました。
本当にありがとうございました!!

そして、来年も是非とも、東北大学学友会落語研究部を、よろしくお願いします!!!


走れ!メロス!! そして落研!!!

出前報告:多賀城ふれあい寄席

お久しぶりです!メロスです!!

今年も残すところ数時間となりました、、年内ギリギリに投稿されてたブログを読みながら何やってんだこのアホは・・・、とか思ってたあの大みそかからもう一年ですか、、早いものですね・・・。


1年たった今、私もそのアホになっていました。
1年後のことは本当にわからないものですね、、来年の俺に乞うご期待。


それでは出前報告させていただきます!

<日時>
2018年11月25日(日)
<場所>
多賀城市八幡公民館
<演者・演目>
好亭ボナパルト「あくび指南」
走励家メロス 「茶の湯」
藍亭助務図 「蒟蒻問答」


同期奥羽越3人衆での出前でしたね、実はこの三人での出前は初めてでした!

多賀城 ボナパルト
多賀城 メロス
多賀城 ジョブズ

こちらが写真になります!温かい会場の中、とても楽しくやらせていただきました!!
落語が終わった後は多賀城の方々と一緒に、昼食もご馳走になりました!ごちそうさまでした!


実は私、多賀城駅に行ったのは初めてだったのですが、帰り際には蔦屋書店にも寄ったりと、多賀城を満喫した一日でした笑、楽しかったです!!

多賀城市八幡公民館の皆さん、本当にありがとうございました!!!



最後に、私事ですが、この場を借りてご報告させていただきます!
私走励家メロス、事前審査を通過いたしましたので、2/16(土)に行われます第十六回全日本学生落語選手権、策伝大賞に、東北大学学友会落語研究部より、出場させていただきます!!

というわけで、来年も落語、頑張らせていただきます!!!走れ!メロス!!
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク