FC2ブログ

出前報告:石切町会館「ふれあいいきいきサロン」にて

ベホマズン。回復呪文を習得したい我捨臥舎ぽんです。ここんとこメンタルブレイクしがちなので。ホイミ系が心の傷に効くかどうかは分からんけど。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が公開されると聞いて、やるなら今しかねーZURAと思い、ドラクエV(DS版)買って一気呵成にクリアしてしまいました。ユア・ストーリーってだから、サトウタケルノミコトが主人公の声優やってるヤツね。ヤマトタケルノミコトみたいに言うな。

モンスターが仲間になるってのがいいですよね。スラ仏とかさ。「スライム」の「イム」を「仏」で表すんじゃないよ。ほっとけ。仏だけに。うわつまらん。人類が6億回は思いついたギャグ。「ドラクエ」「仏」ときたら「佐藤二朗」を連想してしまいますが。サトウジロウノミコトね。それは別に何もかかってなくないですか。『勇者ヨシヒコ』もいつかはちゃんと観なきゃと思ってるんですけどね。

結婚相手は怖いものみたさでデボラにしてやりました。思っていた5倍くらいは生意気で高慢ちきで高飛車だったけど。ああやっぱりルドマンにしておくべきだったと何度後悔したことか。どうでもいいけど「ルドマン」ってブルボンの看板商品みたいな名前してんな。あたしゃルーベラの方が好きですけど。できることならルーベラと結婚したい。それは勝手にしてください。

まー何かと出来の悪い嫁でしたけど(←何様なのか)、だがそれがいい、だから気に入った、てなモンで、徐々に頭ん中はデボラデボラデボラデボラデボラボラボラボラボラボラボラボラ…ボラーレ・ヴィーアといった感じになっていきましたとさ。私の理性はだいぶ飛んでっちゃってると思います。

エアロスミスって言われても、あの『アルマゲドン』の主題歌ぐらいしか分かりません。曲名もよく知らない。すんません無恥で。ちがう。無知だろ。無恥なのはパープルヘイズです。この恥知らず。

てかそもそもロックをあんま聴かんからね。君はロックを聴かない。メタル系を聴かない。聴きはぐれてきた気がする。そんな私ははぐれメタル(←これが言いたかっただけ)。はぐれメタル純情派。はぐれ刑事純情派みたいに言うな。私を倒したところでさしたる経験値は得られませぬ。

アルマゲドンもちゃんと観たことないですね。ムーディー・ブルース・ウィリスが出てくる作品でしたっけ。「ムーディー」はたぶん余計だな。今にも落ちてきそうな隕石の下で。どうもウィリスのことをブログでいじりがちなぽんです。前回触れたの1年半ぐらい前ですが。我ながらよく覚えてんな。

アルマゲドンって、アレでしょ、世界の終わり?的な(←分かってない)。世界の終わり…あ、DJ LOVEさん、第1子誕生おめでとうございます。お子さんが天空の勇者だといいですね。Vの主人公は天叢雲剣を装備できんからな。ちがうか。てんくうのつるぎ、ですか。まあ似たようなモンでしょ(適当)。ヤマトタケルとかサトウタケルは装備できそうだし(?)。

まーなんだかんだとドラクエVはプレイしてて楽しかったですよ。ドラクエシリーズのプレイ自体初めてでしたけどね私は。3分の1の純情な感情を持つ人間としては、周回プレイでビアンカやフローラともミルドラースを倒してみたいものです。さすがははぐれメタル純情派。残った3分の2の感情はさかむけが気になる感情と言われてますが。ゆうていみやおうきむこうぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺビチグソ丸。ふっかつのじゅもんがちがいます、なんてね。ホイミやケアルじゃ癒やせないトラウマがそこにはあるのです。

余談ですけど、人ん家に上がり込んでツボだの木箱だのを破壊してまわる行為がだんだんとルーティンになっていって、それでいいのか主人公と思わなくはなかったです。あなたを器物損壊罪で訴えます!うん、それは訴えられてしかるべきだな。

主人公はもっと誠実であるべきよなあ。真実から出た『誠の行動』は…決して滅びはしない… 「真実」って別に「志々雄」のことじゃないよ。別に誰も間違えないか。

そういえば、はぐれ刑事純情派の主演の人の名前も藤田「まこと」なんでしたっけ。もーアレですね、今回のブログ、「まこと」も「ミコト」もたくさん出てきますね。意図的にそうしてるんですけど。佐藤健主演の『るろうに剣心』最終章は、2020年夏、全国にて2作連続公開予定でーす。なんで私が告知してんの。

何の話でしたっけ。あードラクエですね。同じ天空三部作でもⅣはやんなくていいかな。ホラ、「4」て数は縁起が悪いから。

久々にブログ書いてるけどまた長くなりつつあるな。終わんのかコレ。

終わりがないのが『終わり』 それが『ゴールド・E・レクイエム』

いいからはよ終われ。そして出前報告をしろ。

<日時>令和元年8月24日(土) 10:30~11:30
<会場>石切町会館(瀬田谷不動尊)
<演者・演目>
葉楼ぷろ    「水屋の富」
我捨臥舎ぽん  「青菜」

ふれあいいきいきサロンという会で落語をさせていただきました。割とこぢんまりとした会場で、とっても温かい雰囲気でしたよ。

着替えの時とかも、うまいこと仕切りをつかってスペースをつくってくれたり。あれはいい仕切りでしたね。いい仕切り。石切。みたいなことをマクラで喋ったり。案の定、ややウケでした。もう2度と使うことはないマクラでしょうね。

8月24日石切町出前ぷろさん1

8月24日石切町出前ぷろさん2

8月24日石切町出前ぷろさん5

8月24日石切町出前ぷろさん7

ぷろさんです。数ヶ月ぶりにがっつりぷろさんの落語を拝聴しました。いやはや、お客さんの心をつかむというか、一瞬で好かれる技術に関して言えば落研で彼女の右に出る者はいないんじゃないですかね。もうだって踏んでる場数が他とはちがいますから。出前クイーンの称号をほしいままにしている。そんな称号があるんだかどうだか知りませんが。

ぷろさんの落語を聞く上で何が楽しみかって、本編の完成度もさることながら、何をおいても変幻自在のマクラですよ。ほとんど同じマクラを聴いたことがない上に、これがまたいつも面白いんですよね。今回もしてやられました。ああいうマクラができる強みというか、葉楼ぷろという人間のキャラクター性は、マジで唯一無二です。この人には一生勝てる気がしません。

またこの上の写真が、なんつーんすかね、今時のことばで言うところの「映える」ってヤツですか、いいですよねえ。あんまり写真写りがいいモンで、気がついたら38枚も撮ってました。ホントは全部載せたいぐらいなんですけど。そのうち写真集にして出版します。本人の許可が出ればの話ですけど。

8月24日石切町出前ぽん

あー、誰なんでしょうかこのみすぼらしくて見苦しい男は。顔洗って出直してこい。ド三流が。まあ本人なんですけど。


お客さんとの距離が近くて、反応が伝わりやすい会場ってえのがやっぱり一番ですね。そういうよさをしみじみ感じた出前先でした。

落語後にちらし寿司をご馳走になったりしてね。あたしゃ欲張って3杯おかわりしましたけど。もうおかわりに関しちゃ一家言持ちです。なんだそりゃ。

お漬け物とか杏仁豆腐もおいしゅうございました。作った人の人柄がにじみ出ている味っていうかね。てめえに何が分かるんだって話ですけど。いやでも優しくもありどこか懐かしくもあるお味でしたよ。まあ個人の感想です。杏仁豆腐はタニタが出してるヤツでしたね。そんなことまで覚えてなくてよろしい。

「いきいきサロン」という名前の通り、いらしていた皆様がとてもいきいきとされていたのも印象的でした。パワフルでしたね。かたくなに麦茶のすすめを拒む方がいて、何もそこまで拒否らずともと思ったり思わなかったり。すんません余計なこと書いてますね。いつまでもお元気でいてほしいものです。これは本当に。

というワケで、この度はお呼びいただきまして誠にありがとうございました。また機会がございましたらどうぞよろしくお願いいたします。


もう私もあと何回ブログを書く機会があるんだか。もう4年生ですからね。残りも数えるほどでしょうけど。

毎回あらん限りのネタを詰め込んだブログに仕立ててますが、ちゃんと伝わってんのかな。それこそ3分の1も伝わってない気がする。そもそもこのブログをちゃんと読んでる人が何人いるかって話ですが。

これでもネタ出し・執筆・推敲もろもろ併せて1週間以上はかけてるんですけどね。ホント何に時間を費やしておるのか。無駄無駄…え?この乱れに乱れた文章で本当に推敲してんのかって? 国語の教師か オメ--はよォォォォ

「ブログは推敲する」「部下も守る」 「両方」やらなくちゃあならないってのが「幹部」のつらいところだな by ブローグ・ブチャラティ。誰それ。

気がついたら3,500字超えてました。じゃあそろそろこの辺で… 

To Be Continued

続くな。終われ。
スポンサーサイト



出前報告:鈴根青年部花火大会

こんにちは、お初にお目にかかります、高座名を軒休舎撫楽(けんきゅうしゃぶらっく)と申します、ひでぇ高座名だわ。

2年からの新入部員です、元々落語に興味のあったところに某先輩からのご縁で4月から落研に入部しました。自分は学部が薬学部でして、高座名の由来は察してください。たとえ忙しくても足繫く部室に通いたい所存でございます。来なくなったら青葉山の闇に飲まれたということで、なんてブラックな話はさておき、出前報告!


○日時
 8月17日 18:00〜19:00

○場所  
 登米市米山町桜岡鈴根 米山東小近く

○演者・演目
 軒休舎撫楽 「転失気」
 符織亭陽亜乃 「熊の皮」 
 我捨臥舎ぽん 「鈴ヶ森」
 走励家メロス 「松曳き」


トップバッターは私こと軒休舎撫楽、顔見世が初の発表の場だったので、初の出前での落語でした。枕のことを全く考えていなかったのでものっそいピンチでしたが枝豆が名産とのことを聞いて、枝豆とビールのくだりで乗り切りました。やっぱり冷えたビールと塩味の効いた枝豆は最高やな!本編もとぶことなくやりきりました、やったぜ。
ぶらっく すずね
(すげぇ顔してんなお前)


続きまして陽亜乃さんの「熊の皮」、枕はおばあちゃんと断れない性格のお話、Noと言える勇気は難しい哉。一たび演目が始まれば、奥さんの凛とした振る舞いと旦那さんの抜けっぷりのギャップが見事でした。奥さんの言い回しがすっごい上手で、実際に自分に言われてるみたいで肝が冷えました。
ぴあのせんぱい すずね
(浴衣姿がお綺麗でした)


3番手を務めるのはがしゃぽん先輩、何と言ってもすごいのが枕のアドリブ力!即興で鈴根のことについての話を混ぜながらお客さんの心を鷲づかみ、脱帽です。演目「鈴ヶ森」も泥棒の頭の迫真の演技と見習いの粗忽さが際立ってました。あのセリフを噛まずにすらすら言えるのは本当に凄い。間も相まって楽しそうにやってらっしゃいました。
がしゃぽんせんぱい すずね
(がしゃがしゃぽんと出てきた落語は大当たり!)


最後にトリを務めますはメロス先輩の「松曳き」、殿様とそそっかしい家老三太夫と植木屋八五郎のお話。町人言葉と武士言葉が入り混じるため、とても難しそうでした。八五郎がとりあえずおっ奉るくだりが大好きです。オオトリにふさわしい落語でした!まだまだ自分も学ぶことがたくさんありそうです。
めろすにき すずね
(横から失礼します)


落語が無事終わった後に演歌を挟みまして、いよいよ花火の打ち上げ!
すぐ目と鼻の先で打ち上げて頂きました、大迫力&綺麗!!焼きそばなどのご飯も
頂きました。依頼主様の佐藤さん、お招き頂いてありがとうございました!!
すずね はなび
(花火に見とれる落研部員、た~まや~!)


メロス先輩が車出ししてくださったためちょっとした旅行気分でわくわくでした。初めての出前での落語、無事やりとげることができてよかったです。とても楽しい出前になりました。やはり先輩の落語は上手い、これからも色んな人の落語を見て聴いて、もっと上手にできるように精進していきたいと思いますのでよろしくお願いします。




出前報告:八木山児童館

こんにちは!符織亭陽亜乃です!

一時期は定期的にブログに出没していましたが、今回は約3ヶ月ぶりの登場です。
5〜7月にかけてノンストップでやってくるテストと戦っていたのでなかなか出前に行けず、気がついたら外の世界ではこんなに時間が経っていました。気分は浦島太郎

今の時期、ほとんどの学部はテスト期間なのですが、私の学部はすでにテストが終わったのでもう夏休みです!
テストに苦しむ部員を横目に、他学部より1ヶ月早い夏休みを過ごしています!
まあ、その代わり夏休みが終わるのは他学部より1ヶ月半早いんですけどね。いや、半ってなんやねん。

ちなみに夏休みが終わったら研究室通いの日々になるのでテストはありません。
5〜7月のテストラッシュで3年生のテストは全て終了です。
いや、前半にたたみかけるな。四千頭身ネタを言いたかっただけ

なので、これからは出前に積極的に参加しようと思います!
出前報告に移ります!

○日時
 8月1日 15:30〜16:00
○場所
 八木山児童館
○演者・演目
 符織亭陽亜乃 「まんじゅうこわい」
 好亭ボナパルト 「寿限無」

八木山 ピアノ

子供たちのパワーに圧倒されて自分の空気を作れなかったことが反省点です...
もっと場数を踏んで、場の雰囲気に合わせたことを言えるようになりたいと思いました。
でも最後の方は笑いが起きたので嬉しかったです。

八木山 ボナパルト

部室でコーヒーを飲みながら競馬ゲームをしている印象が強いので、児童館の出前に一緒に行くと決まった時はかなり驚きましたが、子供たちとコミュニケーションをとりながらマクラを披露して自分の空気を作っていたのはすごかったです。
10月まで夏休みだなんて...私も子供たちと一緒に「いいな〜!」と叫んでいました。


そして落語会終了後に嬉しいことが。
控え室で休んでいる私のところに女の子が一人でやってきて「読み聞かせしてくれてありがとうございました」とお礼を言いにきてくれました。
「読み聞かせじゃないよ、落語だよ」と職員の方は笑いながら言っていましたが、私は胸キュンが止まりませんでした。可愛すぎて天使に見えた。こちらこそありがとう。
なお、ボナパルト君は着替え中だったのでその場には不在でした。ドンマイ...

高座の準備などでご迷惑をおかけしてしまいましたが、今年もこのように落語をさせていただきありがとうございました!
私は子供たちの前で落語をするのが初めてだったので、学ぶことの多い一日となりました。
また機会があれば、よろしくお願いします!


というわけで、今回はこの辺で失礼します!
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク