蕎麦会の出前

こんにちは、角五郎です。

今回は、蕎麦屋さんからのご依頼で、
蕎麦会にて落語を演じさせていただきました。

いつもお世話になっているお蕎麦屋さんなんですが、
出前で伺うのは、自分は初めてでした。
一緒に行ったぽんぽこは経験者だそうですが。


井の線亭ぽんぽこ『道灌』

噺の長さの関係で、ぽんぽこが先に演じさせていただきました。
お客様の中には、小学生くらいのお子様もいらしたのですが、
とても楽しそうに聴いていただきました。
楽しい落語というのは、内容は少し難しくても、雰囲気は伝わるのだと感じました。
自分も見習わねば。


雁家角五郎『花見酒』

蕎麦屋だからこそ、『時そば』をやるには勇気がいる。
ということで、ビビリな自分は、今回『花見酒』を演じさせていただきました。
お酒の噺ですが、お客様もお酒を飲まれていたので、
雰囲気は伝わりやすかったかな、と感じました。
お酒を受け取る場面で、実際に渡していただきそうになりました。
受け取っていれば、酔った演技ももっと上手にできたのかなぁ…。


とてもあたたかな雰囲気の中で演じさせていただきました。
お食事中にも関わらず、ずっと噺を聴いてくださるお客様には、演者としては本当に助けられますね。

落語の後は、お蕎麦をいただきました。
自分は「二八そば」。
これで勉強して、次にお招きいただいたときは、きっと『時そば』を演じさせていただきます。
その時は、ざるそばになってるかもしれませんが。

ぽんぽこは「親子丼」。
蕎麦屋なのにね。
と思っていたら、ミニサイズのお蕎麦もついてきました。
羨ましい。

とても美味しくいただきました。
一緒にいただいたお酒も、ほんのり甘い香りで美味しかったです。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク