1日5分、自分の気持ちと向き合う事

山形は酒田からの更新です。
私用で寄生虫、いや帰省中の羅洲亭ねいるです。


冷蔵庫に入っているご飯をみて
「これが本当の冷や飯」
とか言っている羅洲家です。


実家はいいですね。
何もしなくていいし。
しかし何もしないのは流石に申し訳ないので皿洗いをしたりトマトを切ったりしています。


ちなみに表題は祖母の日記のようなものに書いてあった言葉です(大竹しのぶがテレビで言っていたらしい)。


仙台⇔酒田の主な交通手段は高速バスなのですが、高速バスに乗っていていつも思うことがありまして。


ETCの存在意義について。


ETCとはそもそも、料金所の通過をスムーズにするために開発された機能であるはずなのに、ETCゲートに入るときにどうしてもスピードを落とさざるを得ない点に納得がいかないのです。
スピードを全く落とさずに通過していってもらいたい。
しかしゲートの周りに「徐行」とか書いてある現実…


確かに一般料金所よりはスムーズに通過できるけれども、日本の鉄道が蒸気機関車→新幹線→リニアと進化しているように、きっと現時点でのETCのスムーズさに満足できない人が出てくるんですよ。


似たような話で、
どうしてメールアドレスは数字から始められないのかとか
iPS細胞とかつくれるのに、注射という人体に針を刺す野蛮な行為がどうしていつまでたってもなくならないのかとか
テクノロジーに対していろいろ思うことはあるんですが…


ここまで語っておいて、あ~文系が口出す話じゃなかったな~とも思うんですが…
たぶん、それぞれきちんとした科学的な理由があるのだと思います。


これ以上話を広げられない(というか広げるべきでない)ので、河原にでも行ってきます。
トマトを切りすぎて余ってるのが少し悲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク