Number theory Ⅰ -Fermat's dream and class field theory-

……疲れました。
久々につぶやきます。あと一ヶ月で部長職を勇退する
(いや、解任さるると言った方が正しかろうか)世間亭節介でございます。
試験を終えて早三週間が過ぎようとしております。

表題は今読んでいる本『数論Ⅰ Fermatの夢と類体論』を(勝手に)英訳したものです。
一昨日にTOEFLを受けましたが、自分の英語力の低下には目を覆いたくなるばかり。
My competence of listening has completely collapsed.
これで合っているのでしょうか。

上の本、そろそろ本気で数学と向き合ってみようと買ったはよいのですが、
やはり専門書は効きます。まだ40頁あまりしか進んでいません。
……尤も、集中力が続かないのが主たる要因ですが。

目標は3月末までに第5章(170頁)までを読了すること。
無謀です。専門書がそんなにすらすら読める筈がない。
といったところで、久々の自主学習とアルバイトでやゝ疲労気味です。

あ、ちゃんと落語もやってますよ。
とりあえず、「質屋庫」を覚えたので、あとはできれば「長屋の花見」を覚えたい。
その先は……数学で疲れると落語に逃げたくなります。いや、落伍してるのか…

明日は教育実習の打ち合わせのため母校に連絡を取ります。お後がよろしいようで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク