ローレン、ローレン、老練

石灰です、いいえ、節介です。

出前の報告です。

9月10日 小松島児童館
漫才 ザ・コンセンツ
漫才 ひばり
落語 升万楼ビスコ
漫才 ニードル
落語 世間亭節介
休憩
大喜利

ティーライズ所属の方々との競演でした。
ビスコくんは初の出前で、しかも、「猫の皿は子供には分かりにくいかも
しれないから、新しく小噺を覚えなさい。」と先輩(私)の無理難題を
押し付けられたにもかかわらず、無事にこなしました。大喜利でも私より受けていたし。
初めてでこれだけ出来れば大したものじゃ、ほめてつかわす。

私より芸暦の長い方々を差し置いて、僭越ながらトリを
取らせていただきました。
大喜利では、子供たちの元気のいいこと。完全に我々本職(?)が
押されている気がしたなあ、と。
終わった後のお漬物、絶品でした。ありがとうございました。


9月16日 沖野デイサービスセンター
演し物
富士浦亭玖逗 「孝行糖」
世間亭節介  「カラオケ病院」

お客様の反応がよく、ありがたいものでした。
孝行糖もカラオケ病院も、リズム、テンポのよい落語ですから、
お客様にとっても聞きやすい噺のようです。
終わったあと、次の出演団体である大正琴「虹の会」さんの練習を
みていましたら、
(はて、聞いたことのある曲だなあ、ああ、『月がとっても青いから』だ)
思わず口ずさむと「この曲知ってるの?じゃあ、一緒に出て歌ってみない?」
というわけで、急遽その次の出し物にも出演させていただきました。
おじいさま、おばあさまがたが心地よさそうに歌う姿が印象に残った出前でした。


9月17日 錦町連合町内会敬老会
演し物
升万楼ビスコ 「猫の皿」
世間亭節介  「カラオケ病院」

バスに揺られて小一時間、茂庭荘での出前でした。
ビスコが帯を忘れ、現地で帯を借りることに。ありゃりゃ。
驚いたのが、出席者の中に、当部の発表会の常連の方がいらしたことです。
「発声練習は大事だよ」とのお言葉、胸に沁みます。
部員たちにも言っておかねば。
ビスコ氏は二回目の出前、段々物怖じせず、落ち着いて喋れるようになってきましたね。
成長が楽しみです。


3件の出前連絡、ただでさえ慣れないキーボード作業で(今でもブラインドタッチは出来ません
し、覚えたくないのです。時代に逆行するようですが)疲れてしまいました。
そろそろブログのほうも、世代交代しようと思います。

これから夜まで勉強漬け……出来る集中力がほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おつかれさん、びすこくん。
いや、君も十分がんばってますよ、うんうん。
次の出前では、君が報告してみましょう。
これで君も、「いっぱしの部員」に格上げだ!

日進月歩

どうも、ビスコです。
三度の出前、お疲れ様でした。

再三のミス、申し訳ないです。
お客様気分が抜けない自分。腹立たしい。
早く部員の一人になれるよう、努力せねば……
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク