出前落語のご報告

お久しぶりです。三年の木村家一同です。ブログには出てきませんでしたが、こっそり活動していました。
今回は、“こうまち”ではなく幸町(さいわいちょう)に出前落語に行きました。
前の記事にもある通り9月16日が敬老の日ということで、いろいろな場所の敬老会にお邪魔させていただいております。

日時:9月13日(金)12:00~13:00
場所:幸町市民センター2階
依頼者:二の森老人クラブさん

今回はお食事中の余興というかたちで三席かけさせていただきました。
手を止めて見て笑っていただきましてありがとうございました。

鯔ん亭鮪がり  「動物園」
凰亭火炙鶏   「力士の春」
木村家一同   「粗忽長屋」

一年生の鮪がり君は話の持っていき方が上手なんです。もちろん落語も回数を重ねて上手になっていますが、話の枕にオリンピックというホットな話題を持ってきて、お客さんを惹きつけていました。
二年生の火炙鶏君は自身の体型から「相撲取りと間違われるんです」と言っていましたが、お客さんから「本当だねぇ」と言われてちょっと傷ついてました。哀愁のある背中。でも出前に行く回数が多いだけあって、安定して笑いを取れていたのはさすがだなあと感心しました。
私はというと…数えてみたら3月の追い出し以降ほとんど落語してなかったことに気づきました。あっという間に9月です。反省点は多々ありますが、唯一古典落語をかけたのもあり「さすが三年生だね」と言っていただけたので、あぁ、年をくった甲斐があったなと。
出前に参加すると落語を練習するいい機会になるので、継続して行くことが大事ですね。


知らない土地に出前に行ったときには周辺をぶらぶらすることが多いのですが、幸町といえばジャスコ!(イオン!)ということで、帰りに寄って帰ろうと思っていたんですが、忘れてそのまま帰ってきてしまいました。仙台市民は必ず行くという幸町のジャスコ(イオン)、また別の機会を見つけて行きたいと思います。
でもバス停の前にあったケーズデンキには行ってきました。行ったことのない電気屋さんとかホームセンターってちょっとワクワクしませんか。入ってみてもまあ地元のとあまり変わらないんですけど。そういうところの値下げ品コーナーを見て掘り出し物を探すのがわりと好きです。

久々のブログで張り切って書かせてもらいました。ここで告知です。

○第152回古典落語発表会
主催 東北大学学友会落語研究部
日時 平成25年10月19日(土)
    12:30開場 13:00開演
場所 戦災復興記念館5階和室全室
木戸銭(入場料) 無料

みなさまどうぞお越しくださいませ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク