新年会にて

またまたまたこんにちは!今回3度目の登場となります、相音舎対韻です!読み方は直前の記事を参考にしてください!ブログの更新をサボりすぎて先輩にどつかr…叱られました。すみません!

本日の出前の報告です。

依頼者:新町振興会
期日:1月13日18時~

一、新聞記事 相音舎対韻
一、源太と兄貴 暇楽家十三

新年会の余興として2席やらせていただきました。私の声があまり通らず、言葉を後ろの方まで届けることができなかったのが心残りです。用意していただいたマイクを使うべきでした…。それでも前のほうの方にはよく聴いていただけたので良かったと思います。時間や雰囲気に応じて噺を調節する臨機応変さが必要だと痛感しました。十三さんはやはり安定していました。私が時間をオーバーしてしまったのもカバーしてくださいました。十三さんと出前に行くことが偶然多いのですが、毎回実力の差を感じます。もっと精進…ですね…。
落語の後は新年会のご馳走を町内会の皆様と一緒にいただきました。個人的には新鮮な生牡蠣が美味しかったです。
お手製の立派なめくりも作っていただきました。

出前で「放射線技術科学専攻」と名乗ると、必ずといっていいほど原発問題について質問をいただきます。まだ私は1年生ゆえ放射線についての専門的な知識はまだあまりありません。早く知識をつけてそちらの話もできたらなぁ、と歯がゆく思うたいんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク