OB落語会!

ビールの味が分かるようになりました!2年の相音舎対韻です!
第24回OB落語会が開催されました!

とき:平成26年9月27日(土) 12:30会場、13:00開演
場所:東北大学片平さくらホール

今回は現役とOBさんとで話し合いを重ね、運営面での大きな変更を行いました。(会場費の受け持ち、演者の人数、会の長さなど)。私は渉外担当として何度も何度も話し合いをさせていただきました。両者の納得する、よりよい会の開催に繋ぐことができたと思います。
当日は130人超の多くのお客様にお越しいただきました。

一、ちはやふる 升万楼ビスコ
一、堀の内 井の線亭ぽんぽこ
一、一目上がり 世間亭節介
一、堪忍袋 喰亭寝蔵
一、犬の目 恋し家古狂
一、支倉常長伝 桂友楽
中入り
一、悋気の独楽 暇楽家十三
一、初天神 ふじら亭くず
一、道具屋 杜の家とん平
一、俗曲 南亭蕪生
一、石一つ 愛し亭朝大

OB9名、現役2名出演の大きな会となりました。OBさんの中には、東京でプロの方に弟子入りして落語を習っている方もいるということで大変楽しみにしていました。皆様期待を裏切らない上手さで現役部員は圧巻されました。しかし現役部員も負けていませんでしたよ!今の落研のエースたちが遺憾なく実力を発揮してきたと思います。

会の後にはさくらキッチンで打ち上げが催され、OBさんと有意義な交流の時間を過ごすことができました。お料理も大変美味しかったです。

翌日には、友楽さんの支倉常長伝にちなんだ、北山周辺の史跡巡りを行いました。ボランティアのガイドさんをお招きし、北仙台駅から龍雲院までお寺や神社をめぐりました。伊達政宗やその周辺人物、支倉常長をはじめとする仙台ゆかりの著名人の墓や碑文がたくさんありました。私は北山のそばに住んでいるのですが、知らないことばかりでとても面白かったです。また、OBさんたちの臨場感あふれる昔話も楽しく聞きました。

2日間にわたりOBさんたちと交流し、東北大落研の途方もなく長い歴史の末に自分たちが落語をしているということを体感しました。長い歴史をつないできてくれたOBさんに感謝し、自分も後へつなげていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク