ボランティアツアーに参加しましたその4

ついに、寒い季節がやってきた。
去年は年末を仙台で過ごしましたが、あまりにも心も体も寂しすぎて凍えそうでした。
今年は修羅の国に帰省したいと思っている海亭ぺんぎんです。

さて、ここで書くのは4回目ですが、東北大学ボランティア支援室主催の岩手県陸前高田ボランティアツアーに参加してきました!
そして、そこで落語をさせてもらいました。

11月22日モビリア仮設住宅
「動物園」 海亭ぺんぎん

11月23日 矢作小学校仮設住宅
「風呂敷」「愛犬チャッピー」「唖の釣り」 海亭ぺんぎん

11月24日 黒土田仮設住宅
「唖の釣り」 海亭ぺんぎん

このツアーに最初に参加したのは去年の5月、そのころと比べてみると空き部屋が多くなっている気がしました。「家を建てた」「復興住宅に移り住むようになった」などなど理由があるらしく復興の足跡は確実に大きくなっています。
嬉しい反面「新しい環境に慣れるのが大変」「仮設住宅に人が少なくなって寂しくなった」など新たな問題がでてくると考えられているそうです。
「物的復興」は(まだまだ足りませんが)いずれは成し遂げられるでしょう。
しかし、「心の復興」は成し遂げられるとは断言できません。

仮設住宅の住民の方々と、手芸や足湯を通して会話を楽しむ「ボランティアツアー」の活動の中で落語をさせてもらいましたが、多くの人に笑ってもらいよかったです。
誤解のないように言っておきますが、「住民だから特別な気持ちで演じる」ということはしていません。
いつものように手ぬぐい、扇子そしてハッピ。途中で会話をはさみながらのた楽しい時間を過ごしました。

もうすぐで2014年も終わりあっという間に3年生になります。専門課目が本格化するためいつも以上に忙しくなりこのツアーにあと何回参加できるか分かりませんが、もし行けてそこで落語をさせてもらえる機会があればまた書きたいと思います。
では、さようなら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク