大学病院からの依頼

寒いです。今現在でこんなに寒いならば半年後は北極みたいな寒さになっているのではと心配している、凰亭火炙鳥です。

東北大学大学院医学系研究科の学生の実験の刺激の作成に協力するという依頼に行ってきました。

時間:複数日間
場所:東北大学大学院医学系研究科
依頼者:医学系研究科の大学院生
「小噺」「落語」複数 凰亭火炙鳥

認知症の知覚判断に雰囲気が影響を及ぼすかについての研究実験の刺激の作成に協力するという依頼でした。
内容としては、認知症患者さんが録音した落語を聞き、PositiveなMoodになると、認知症の知覚判断が向上するかの調査です。
①時間は2~3分、②内容が分かりやすい、③明るくて笑える
以上の条件の内容のものをテープに録音し、今後の実験に使うそうです。
録音したものを確認のために何度も聞かされたので、すごい恥ずかしかったです。
落研に依頼する前は依頼者の方がご自身で作成していたそうで、その内容を聞いてみたかったです。
初日は依頼者の方と二人で録音作業を進めていましたが、2日目からは他の大学院生の方も近くで様子を見ていて、本当に恥ずかしかった!
思っていたよりも時間がかかりましたが、テープの内容に満足していただいて良かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク