出前報告:デイサービスセンターさふらんの家 にて

 2017年となりました。本年もよろしくお願いいたします。正月に引いたおみくじの結果が芳しくなかった我捨臥舎ぽんでございます。「出すぎた行動は控えるように」との忠告に従い、極力隅っこにいるようにしています。 凶も凶とて  今日も今日とて、それはもう幻の6人目ばりの目立たなさを保って生活しておりました。今年1年はすみっコぐらしですかね。某小説・某アニメなんかでは世界の中心で愛やらアイやら叫んでますが、私はこの世界の片隅で哀を囁いております。悲しくてやりきれないってもんです。ううう、おみくじなんか引くんじゃなかった…。つい出来心で…。おみくじの裏は花色木綿でした。それは嘘です。

 隅っこにいる、なんて書くと根暗な奴だと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。意外と陽気で明るいルンパッパです。その快活さを陽光に例えて、人は私のことを「サンシャインぽん」と呼びます。ジャスティス。斎藤工になりたくて、昼顔的な行動を起こしてやろうかとも考えましたが、文春砲が怖くなってやめました。素っ裸を素っ破抜かれる我捨臥舎ぽん。うまい。いや、うまかないです。品もないし。

 また前置きが長くなってしまいました。それもこれもぜんぶ雪のせいですね。そうですね。ウォッチ!今何時?(引かなきゃよかったおみくじ!) ウィッスッ!はい。引きずるのも程々に。出前報告します。ごめんなさい。

<日時> 平成29年1月14日(土)
<場所> デイサービスセンターさふらんの家 
<演者・演目>
我捨臥舎ぽん  初天神
藪医舎もぐり  てれすこ
太楼手羽先   寿限無


1484752630496.jpg


20170114_150623_738.jpg


20170114_151808_160.jpg


 新年会で落語を披露いたしました。ここには昨年の夏にも出前落語をしに来ていますね。あれから少しは成長できたんですかね、私は。まだまだ経験も努力も積んでいかなければなりません。

 今回も非常に和やかな空気の中で落語をさせて頂きました。当日は冬が胸にくるような寒さであっただけに、その温かい雰囲気が一層ありがたく感じられました。ちなみにこの日の仙台の最高気温は-0.1℃、最低気温は-4.2℃。おい、修造仕事しろ。こちとら、この-4.2℃のところ、笑いがトゥルルって頑張ってんだよ!メルボルンか。メルボルンなのか。

 さてさて、このたびはありがとうございました!また機会がありましたらよろしくお願いいたします!

 そしてそして、本年も東北大学学友会落語研究部を何卒ご贔屓に!

 放牧! こらこら。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク