出前報告:塩竈市民図書館「にほん語であそぼう!落語にチャレンジ!」にて

コマンサバ?親譲りって訳でもないけど無鉄砲で小供の時から損ばかりしている我捨臥舎ぽんです。いつも行き当たりばったりだ。その内行き倒れてぽっくりだ。死出の山でダウンヒル。三途の川でバサロ。こんなこと書くと罰があたりそうだ。生まれてこの方20年、一貫して「損する人」ですね。助けてフット後藤さん。とかくに人の世は住みにくい。死出の山路を登りながら考えたって、もう手遅れかもしれませんがね。

人生には浮き沈みがあるものだと言われてますが、吾輩の場合はずっと低空飛行のままですね。常に停滞気味だから、高低差ありすぎて耳キーンなることもなく。「高い」ところに上り詰める前に「他界」しちゃう気がします。その内行き倒れてぽっくりだ。吾輩が立身出世するまでにかかる時間を考えたら、人間の平均寿命くらいじゃ全然足りないかもしれませんね。10万54歳くらいまで生き永らえないと、故郷へ錦を飾ることなんざ到底無理でしょうな。お前も浪人生にしてやろうか。蝋人形ね。

一応言っておきますが、吾輩の普段の一人称は「吾輩」ではありませんからね。今回のみの特別仕様です。「吾輩」がしっくりくるのなんて、それこそ「名前のない猫」か「デーモン閣下」ぐらいのモンじゃないですか。「我捨臥舎ぽんがやられたようだな…」「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」「スネイプごときに負けるとは『一人称が吾輩』界の面汚しよ…」ちょちょ、そのネタ2度目

今回も前置きがバチボコ長くてすみません。今回も前置きがバチボコ長くてすみません。何で同じ事2回書いたかって?絶対伝えたいからだよ!滑舌を気にしなくていいのはブログのいいところですね。

ということで、出前報告します。吾輩、7月下旬から8月初旬にかけてはめちゃめちゃ出前に行ってます。ブログでの報告は遅れがちですが。遅筆でスンマセン…。だったら長く書くの止めればいいのに。

<日時>平成29年7月30日(日)
<場所>塩竈市民図書館 おはなしのへや
<演者・演目>
我捨臥舎ぽん 初天神
太楼手羽先  寿限無

塩竈市民図書館・ぽん

塩竈市民図書館・手羽先さん


「にほん語であそぼう!落語にチャレンジ!」というイベントで落語をしてきました!何でも塩竈市公共図書館開館100周年(!)記念事業だったそうで。歴史を感じますね。東北大落研も負けちゃあいられません。何の対抗意識だ。

会場は「おはなしのへや」!その名のイメージに違わず、とても素敵な雰囲気でした!いやホント、童心に返りますね。何の退行意識だ。いや、そこはツッコミどころではないぞよ。

塩竈市民図書館・高座

今回は落語だけでなく、子どもさんたちと一緒に所作をやってみたり、『寿限無』の読み合わせをしてみたりと盛りだくさんでお送りしました!なかなか皆さん将来の落研部員として有望株に見えましたよ(←何様?)!東北大落研はいつでも入部を歓迎しております!青田買いにも程がある。別に企業じゃないけどね。

ご依頼してくださった塩竈市民図書館の皆様、お客様方、本当にありがとうございました!また機会がございましたらよろしくお願い致します!

後で気づいたけど、前に叶思家さんが書いた記事と若干ネタが被ってるな…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク