FC2ブログ

出前報告:松森台町内会 第18回「豊齢会」にて

スデンペワレコ。もうちょっとだけ出前報告する我捨臥舎ぽんです。4年生になってからこんなにブログ書くと思ってなかった。何回書いたんだろう。お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?ってそんなには書いてないだろ。数えたら今回で23回目でした。東京は23区、ブログは23回と覚えてください。別に覚えなくていいけど。今年に限ると6回目。まあ、どうでもいいですね。

で、学祭の件ですけれども。当たり前ですけど学祭中はキャンパス内に人が溢れかえってますね。ちょっと辟易とします。まったくうっおとしいぜッ!!おまえらッ!第3部の有名な誤植ですが。インド人を右に。ザンギュラのスーパーウリアッ上。確かみてみろ。ゲーメストの有名誤植集。前号の「前号の誤りと訂正」に誤りがあったという伝説は本当なんだろうか。

人が多いところを避けることだけを考えて、長い人混みを抜けると雪国であった。追いかけて追いかけて追いかけて…雪国。それは雪国違い。人がうじゃうじゃしているところに向かって「よし行くぞう」とはなれませんけど。暦はもう少しで今年も終わりですね。今年は特にろくでもねえ1年でした。全部自分のせいだけど。心がズキズキする。私は別にズキズキ好きではないです。

どうでもいいけど吉幾三には2人の娘がおるそうな。青森出身なだけに、two girl(津軽)といったところで、とても良いですね。青森の寒さは厳しいんでしょうな。凍えそうな鴎見つめ泣いていました。凍えそうなカモメ煮詰め焼いてみました。焼いてくれるな。確かに焼き肉の話はしたけども。カモメは港に渡来。稲垣啓太はラグビーでトライ。ベスト8おめでとう。感動をありがとう。

たまに人の流れに逆らいきれないこともありますが。人ごみに流されて変わってゆく私をあなたはときどき遠くでしかって。あと半年足らずで私も卒業だ。落研ともさよならだ。サラダバー。そこはサラバダーでいいのに。

とにかく学祭の間は、人人人だらけで、小砂眼入はしなかったけど歩行なり難し、でした。それはそれは、すたんはんせんでございますな。それを言うなら「すたんぶびょう」だ。スタンハンセンは私の昨年の三題噺である。もう三題噺やることもないだろうから、アレが私の生前最後の作品です。言うなれば遺作。ヘイヘイホー。それは与作。

怒風激しゅうして小砂眼入したら桶屋が儲かりそうですね。オーケー、突然だがここでメンバー紹介だ!まずはベース!お豆腐屋さん!オーケー、続いてドラムス!お布団屋さん!オーケー、続いてギター、ギターは、酒屋さん!そして!そして!!桶屋がボーカル。以上、ラーメンズの「風と桶に関するいくつかの考察」より。

あんまり学祭もそこかしこ回ったワケじゃないけど、今年はどうだったんでしょうね。ANZEN漫才とか来てたみたいですけど。足立区あるあるとか喋ったのかな。どうでもいいけど「ANZEN漫才」と「完全犯罪」で韻が踏めませんか。対極にありそうな2語ですけど。

ミスコンとかの結果もよく知りませんが。またどうでもいいんですけど「キューティーハニー」って打とうとして「旧帝ハニー」と変換され、なんだよ旧帝大のミスコン優勝者かよと心の中で突っ込んだことがあります。そのツッコミもどうかと思うけど。旧帝大に蜂蜜かけたらメロンの味がするでしょうか。するわけねえだろ。

新潟大のフリーザは結果を残したんですかね。今調べたらちゃっかり優勝しとるやないけ。世も末だな。世も末涼子だ。MK5。MajiでKoroされる5秒前。フリーザにか。多分そうです。時を止めるしかないですね。ザ・ワールド!!

さて、学祭の後は古典落語発表会があります。今年は11月16日(土)だ。秋は落研の繁忙期ですね。ハンボーーーーーキ!!!ハンバーグ師匠っぽく言ってみました。スピードワゴン井戸田。スピードワゴンつってもおせっかい焼きの方じゃないです。

ちなみに師匠は師匠でもザコシショウっぽく「繁忙期」を言ってみると、「ハンバランバランバランバンバランバンバランバンバーアランバンベンバランバランハンバランハンバランバンバーハンマーカンマー」になります。いつも通りですね。

まあ2019年残り2か月も頑張っていきまっしょい。…よし。

書いたッ!第3部完!

ま、つまるところ、これが書きたかっただけです。依って件のごとし。

では最後の出前報告です。

<日時>令和元年11月3日(日)10:20~
<会場>松森市民センター
<演者・演目>
我捨臥舎ぽん 「鈴ヶ森」

11月3日出前 プログラム

11月3日出前 プログラム2

「松森台町内会 第18回『豊齢会』」における演芸会で、落語を披露してきました。学祭でちょうど落研が放送研究部さんとのコラボ企画やってた頃ですね。ぽんは裏で1人寂しく高座に上がってました。

どうでもいいんですが、前の日には富沢駅、この日は泉中央駅まで向かったので、2日間で地下鉄南北線の端と端に行ったことになりますね。だから何だという話ですけど。単独での出前は8回目。増えていく一方…

けっこう広めのホールが会場になっていました。遠くからでも分かるように5割増しくらい大仰な「鈴ヶ森」をやりましたけど、手応えはほとんどありませんでしたね。会場が大きい分笑い声が私に届かなかっただけなのか、あるいは単純に誰も笑ってなかっただけなのか。恐らく後者でしょうけど。ウケない日が続くと落語が嫌いになってきてしまって、嫌な傾向だなと感じています。自分が悪いんだけどね。私自身の努力が足らない証拠です。

音響やセッティングの際には、会場にいらっしゃっていた皆様に大いに手伝っていただきました。本当にお世話になりました。そのご厚意に報いることができずにごめんなさい…

というわけで、この度はお呼びいただきましてありがとうございました。また機会がございましたらどうぞよろしくお願いいたします。

以上3件、出前報告でした。もう中身が無茶苦茶な気もするけど。まあいいや。最終的に…書けばよかろうなのだァァァァッ!!

それでは、また。

我捨臥舎ぽんはクールに去るぜ

クールどころか、ウケなさすぎたダメージで生きる気力がほぼ0ですけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさん!

東北大学学友会落語研究部ファンで、ぽん君の同期生の父親です。
ぽん君のブログ、いつも巧みな筆裁き(あれだけのリズミカルな長文に誤字脱字がまったくなく、素晴らしい才能です!)にいつも感心していました。もちろん23編、完読させてもらいましたよ。
いよいよ卒業ですか。寂しくなります。
4年間お疲れ様でした。またどこかでその才能が花開くことをお祈りしています。
プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク