FC2ブログ

出前報告:相続落語

自己紹介します。
ふぉれの(首振り) 名前は(首振り)
鉄乃多々良(首振り) だ… ―時を戻そう。


皆様どうも初めまして。ブログでは初登場となります。1年生の鉄乃多々良です。
以後、お見知り置きを。

これを書いているのは12月25日、クリスマスでございます(なお公開日は違う模様)。1コマだけ授業があったはずなのですが、サンタが全休というプレゼントをくれたので、特にやることもなくなり、ブログを書いています。
ただまぁ私は芸能人でもなんでもないのでブログなんてものを書くのは初めてなので、他の人達のブログをふぉてふぉんにしながら、ネタとして使いやすい先日のM1グランプリについてちょっと話してから本題に入ろうと思っています。

先日12月22日、我々の部室ではM1鑑賞会が行われました。M1は何度か見てきましたが、例年はどうしても波長が合わないコンビが1個そこらはあるものなんです。ですが今年は全組が面白いという稀有な年でしたね。
優勝はミルクボーイでしたが、私のお気に入りは「すゑひろがりず」と「ぺこぱ」です。
特に「ぺこぱ」はツボでした。私の最初のふざけた自己紹介は彼らの真似です。見た目は出オチ感からの、ボケを全肯定するという新しい形のツッコミスタイルに引き込まれました。
何が素晴らしいかってワードセンスが素晴らしい。例えば、タクシー運転手が2回目の休憩を取るくだり。普通だったら、「さっき休憩しただろ!」というのがオーソドックス。ですが彼らは、「さっき取った休憩は短かった!」とツッコむ。この『取った』が非常に効果的で、聞き手に「さっき取っただろ!」というテンプレートなツッコミを想起させたうえで、
裏切りの笑いを産む。この細かな日本語の妙にいたく感心しました。
え?落研のブログなのに笑えるところがないだって?
いや、落研にも笑いから離れる時があってもいい!
―そうだろう?


…次のブログでは努力しますね。 では出前報告!!



【日時】2019年12月11日(水)
【場所】フォーラス仙台 TAGE community
【演者、演目】藍亭助務図 「強情灸」
鉄乃多々良 「片棒」

今回は「相続」落語ということで、そういったことに関係のある噺をして欲しいというご依頼でした。


201912271407519e6.jpg


まずは助務図先輩で、「強情灸」から。
この噺自体は相続の噺では無いですが、そこは経験のなせる技、マクラでご自身の実家の話を上手く織り交ぜてらっしゃいました。
普段の部室から表情及び身振り手振りが豊かな先輩ですが、この噺においてはその力が120%機能します。腕の上の灸が見えるような所作が素晴らしい。実際にもぐさを腕で燃やしたことがあるかのようです。
(先輩ならやりかねないと一瞬でも思ってしまうのが怖いですが)
所作表情はガンガン見習っていきたいと思います。



201912271409272df.jpg


お次は私、鉄乃多々良で、「片棒」です。
この噺はもうゴリゴリの相続の噺ですので、マクラでは時期的なこともあってクリスマスに対する恨みつらみを吐かせていただきました。
練習機会もあまり取る事が出来ず、噺をやりきることすら心配でしたが、何とかなりました…
この噺が1度ギアが乗ると楽しんでトントン進めるもので助かりました。人様にお見せできるレベルのものは演じられたと思います。


古典落語発表会付近からようやっと、「演じる楽しさ」を未熟ながらに理解できるようになりました。
出だしはガチガチなんですが、もう中盤から楽しくてたまらんくなりますね。依存しそう。世の薬〇中毒者たちは落語やった方がいいんじゃないかと切に思います。
最近は実験レポートを書きながら落語を聞くという情報量過多のダブルタスクが日課になりつつある(理系の鏡)のですが、やりたい演目が色々あって迷います。まだ初めて1年もたっておらず初心者に毛も生えていないレベルですので、雑食で食い漁って自分の形を模索していきたいですね。


それでは皆さん、拙い文章をお読みいただきありがとうございました。
また会う日まで、アリーヴェデルチ!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク