女川の出前

こんばんは。

記事を書くのはこれが初めての、雁家です。

7月6日に、自分と、ぺなる亭、何出家の三人で、
女川に出前落語に行ってまいりました。


朝がギリギリで、最速ラップで仙台駅に到着、
なんとか電車に間に合いました。
三人が出揃ったのも電車内で、
話を聞くと、三人とも似たり寄ったり。

石巻からの車の中で、依頼者の方から、
100人くらい集まってます、といわれ、プレッシャー。
自分は、そんな大勢の前で、落語をやったことはありません。
そもそも、自分は出前経験自体が少ないのに。


本番では、自分のミスもあり、三人のうち一人は私服という状態。
しかも、異様に短い着物。
早く、実家から着物を送ってもらいます。


落語の方は、会場が広かったため、声が後ろまで届かない。

自分のときはスタンドマイク。
超猫背で落語をするか、
自分の声量を信じるか。
後者に賭けて、散りました。

二人目はぺなる亭、
ピンマイクを装備です。
猫背脱却かと思いきや、
スイッチ入れ忘れ。
散りました。

最後は何出家。
三度目の正直で、今度はうまく声が届いたようです。


とても温かな雰囲気の会場で、
お昼まで大量にいただき、
さらに残った分をテイクアウト。

本当に、ごちそうさまでした。

女川の遠さを実感しましたが、
また、秋になったら行きたいですね。

秋刀魚の塩焼き、大好きなので。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク