八木山の敬老会

こんばんみ、ぺぃです。

敬老の日、きっく、福建とともに天空の城・八木山へ行ってまいりました。広い会場。敬老会という名の通りご年配の方々が勢ぞろい。30名弱のお客様がひしめいておりました。

町内会の方の、なんていうの、祝辞みたいな、とてつもなくためになるお話。落語のハードルをガンガン上げられる。わざわざ着付けを手伝ってもらった着物が緊張ではだけそうであった。


☆きっく「転失気」
珍念さんの可愛さとお医者さまと和尚のやりとりがとてもウケていました。落語を普段から聴いていらっしゃる方が多いらしく、転失気がおならであることを知っている方が多いような感じがしました。彼は気付いていないかもしれませんが、出囃子でかける曲を間違えました。ごめん、cap様。

☆福建「ろくろっ首」
初・出前。さわやか清純派。やはり形態がロボそっくり。まつこうのキャラがツボですね。これからの活躍が期待されます。出現箇所で笑いをとったのは狙っていたのか?出たときから肌着がチラリズムしていて、官能を刺激された方もいたことでしょう。自動車免許がんばってください。

☆ぺぃ「課長の犬」
いきなりチラリズム。そして記憶が飛びました、高座で。客席失笑。汗だく。焦りやら恐怖やら。きっく様から楽屋で聞いた裏話でアドリブ。爆笑。奇跡?もうきっく様に頭があがりません。後半なぜかやけにウケました。笑われていたのかな?

全体的に、たくさんの笑いが会場を満たし、私達としてもとても演じやすい雰囲気でした。この笑いのもたらす力が皆様の健康に少しでも好影響を与えたのであれば幸いです。


食事もいただき、帰り際に着物までいただき、もらってばっかりでどうしようかとオロオロするばかりでありました。

噺家です、呼ばれればドコにでも参上します。ぜひ次回も演じさせていただければ嬉しい限りです。それまでに私達も精進せねば、記憶が飛ばないように・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク