豪華

はじめまして、研究指定家留雨麺です。

毎度発表会でのパンフレット印刷をしていただいている佐昭様からのご依頼で田畑会計事務所英友会様のクリスマスパーティで落語をさせていただきました。

場所は広瀬通にある江陽グランドホテル3階です。

はたして我々のようにラフなスタイルでやってきた者たちがこの敷居をまたいでいいのかというぐらい豪華なエントランス。我々3人はそれぞれ別々に到着したのですが、三階にたどり着くまでの間三者三様のおもてなしをうけました。みな共通しているのはこの豪華すぎる空間に戸惑いをかくせなかったということ。小汚い我々の部室とはまるで比較にならないからだ。

3人そろったところでパーティの会場に案内されました。その会場も華麗さに満ちていたことはいうまでもありません。

屏風も高座も我々にはもったいなくらい、とても立派なものを用意していただきました。「このような場所をセッティングしていただいたからには応えられるだけの落語を披露したい」我々3人言葉には出さずとも緊張感を高め本番を待ちました。

乾杯も終りしばらくして出囃子とともに我々の出番がやってきました。

東南舎ぺー「夜の慣用句」…地元仙台の地名を本編に取り入れお客様にも大変好評でした。客層にあわせくすぐりを変えていくところは学ぶべき良いセンスです。

何出家念「平の陰」…額に輝く汗は僕の眼に燦然と焼き付けられました。「熱演」という言葉がよく似合います。

酩丹亭保尾夢頭「かぼちゃ屋」…マクラの精細に欠けるのも口が回らんのも努力が足りない証拠。普段のトークがつまらない人のマクラが面白くなるわけがない。普段のトークが面白くない人間のマクラが面白いはずがないでしょう。期待に応えられるようには向上心で励み感覚をとりもどしましょう。

本番終了後、3人が並んで再登場し自己紹介をさせていただき、改めてお客様のお顔を拝見すると皆さんの温かさが伝わってまいりました。短い時間ではありましたが交流もあり、このような温かい雰囲気こそ我々が一番うれしいものだということを改めて実感しました。我々の活動の告知の時間もつくってくださり、感謝の念にたえません。本当にありがとうございました。



以上です
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

落研の愉快な仲間たち

Author:落研の愉快な仲間たち

公式ホームページはこちら

Twitter
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

リンク